大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 【子どもを伸ばすほめ方】子どもの能力を引き出す「3つのH」と...
2021年01月14日更新

【子どもを伸ばすほめ方】子どもの能力を引き出す「3つのH」とは

「ほめる育児」「叱らない育児」という言葉を最近よく聞きます。子どもを叱らずにほめることで伸ばすというスタンスはとても良いことだと感じます。しかしほめ方を一歩間違うと、子どもを伸ばすどころかダメにしてしまう可能性もあるのです。どんなほめ方が良くてどんなほめ方が良くないのか、違いを知りましょう。

「ほめればいい」というものではないことを知ろう

「ほめる育児」と一言で言っても、どんな風にほめたら良いのかが分からないという方も多いと思います。一方「うちの子はほめられて伸びるタイプなので叱らないで」と学校や塾に申し出る保護者が増えていると言われています。

親が子どものいいところを見つけてそれを伝えるということは大切です。しかし闇雲に何でもかんでも「すごい」「えらい」などとほめることは必ずしもいい結果をもたらすとは言えません。

子どもをダメにするほめ方

・「〇〇だからいい子」とほめすぎる 

例えば「ゴミを捨てていい子だね」というほめ方ばかりしていると、ほめてくれる人の前でだけゴミを拾うようになる可能性があります。その気持ちが高じて、わざとゴミを落としておいて大人が来たらゴミを拾うという行動に発展することが実際にあるのです。

さらに何をした時でも「すごいね」「えらいね」と言われていると、ほめられることに麻痺してしまうというケースもあります。叱られる際にも「ちゃんとしなさい」ばかり言われると怒られているという感覚がなくなり「また言っているな」と流されてしまう様になるのと同様です。決まったほめ方を過剰にすることは、徐々に子どもの心に届かなくなる可能性があるのです。

 

・気持ちがこもっていない 

親が子どもをコントロールしようとして根拠もなく気持ちのない言葉をかけ続けると、子どもは「心にもない社交辞令だ」ということを見抜き、ほめられても喜ばず良い行動をしない様になります。

 

・上から目線でほめる 

対等であるはずの夫婦で「お皿洗いをして偉いね」と言われたらどう感じますか?上から言われていると感じませんか?親子は親が上であるというイメージもありますが、対等に扱うことで子どもは素直に言葉を聞き、行動できる様になります。

小学生に対して「自分で着替えられて偉いね」などと言ったら、子どもはバカにされていると感じるでしょう。出来て当たり前のことを大げさにほめることは逆効果です。

 

・結果だけをほめる 

頑張った時や結果を出した時に、結果をほめることはもちろん大切で良いことです。しかしいつも結果のみに注目しているとほめる時にも結果しかほめられません。つまり結果が出ない時にはほめることがなくなってしまうのです。

そしてその結果が望ましいと判断するのは親の尺度である為、子どもがほめてほしかった部分とずれてしまう可能性も大いに出てくるのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 【子どもを伸ばすほめ方】子どもの能力を引き出す「3つのH」と...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。