大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • これからの時代に必要な『国語力』 子供の読解力・作文力を向...
2021年01月28日更新

これからの時代に必要な『国語力』 子供の読解力・作文力を向上させる方法とは

これからの時代に必須となる読解力・作文力を向上させる方法とは

子どもの読解力低下が問題となっていますが、読解・作文などの力は今後ますます必要となってきます。国語力は一朝一夕に身につくものではありません。中学受験でも読解力、作文力を問われるものが増えています。

受験を考えていなくても、これからの社会を生き抜くために小学生の内から国語力をつけておいて損はありません。これからの時代に必要な国語力とはどんなものでしょうか。また、身に付けるためにはどうしたらよいのでしょうか。

今後ますます必要になる作文力

これからの時代に必須となる読解力・作文力を向上させる方法とは

日本の子どもの読解力が落ちています。OECDが発表した世界79ヶ国の子どもの学習到達度調査で、日本の15歳の読解力は2015年の8位から2020年には15位に下がっています。

先日大学入試の共通テストが初めて行われました。30年にわたり実施されていたセンター試験が2020年に終了し、2021年からは新しい形式での試験となりました。今までの「知識」「技能」に加え、「思考力」「判断力」「表現力」が問われる試験となります。知識やテクニックは短期間で伸ばすことが可能ですが、読解力や作文力は日頃からの訓練が必要となります。

 

実際受けた受験生も「一目読んだだけでは解けない、より読解力が問われる内容だった」と感想を述べていました。新テストでは記述式問題も出題されます。大学入試では小論文試験を課す大学が増加し、就職試験でも作文や小論文の課題が出されるようになっています。来るべきAI社会では、人間だからこそのコミュニケーション能力が要求され、自分の考えを伝えるだけではなく相手の意図も読み取る力が必要です。これらに対応するためには作文力が欠かせません。

 

作文力は、単に上手な文章を書けばいいというものではありません。個性、感受性、思考力を豊かにすることで、書いた人の知識や考える力、感じ方が総合的に表現されるのです。

文を書くことへの好き嫌いは小学校中学年ごろから現われ、高学年でほぼ定着すると言われています。なので、小学生の内に苦手意識を持たない様に作文に慣れておくことが大切なのです。

低学年から作文対策!苦手意識を作らない

これからの時代に必須となる読解力・作文力を向上させる方法とは

作文を書き始めるのにベストなタイミングは、小学1年生です。理由は、それ以前ではまだあまり字を覚えていないので不向きですが、学校の授業でひらがな・カタカナを習い始め、生活の授業で学校体験や地域の人との触れ合いなどの体験を通じて言葉を一気に覚える時期だからです。

 

「話す」以外の「書く」コミュニケーション方法に新たに気が付く時期でもあり、書いて伝える楽しさを知ることが出来ます。苦手意識をうまない為にも、早い時期から練習していくことが必要です。

読解力・作文力を向上させる為に低学年から出来る勉強法をご紹介します。

 

・親子の会話 

普段の親子での会話には様々な話題があるはずです。会話の中で、子どもが言ったことに質問するようにしましょう。これが実はトレーニングになるのです。「感じる」「思う」ことについて、その理由を掘り下げる様になると、子どもは感情が整理出来て原因・解決方法を考えられる様になります。たくさん聞かれても答えられないと思いますので、ゆっくりと1つずつ質問します。すぐに答えが出ないこともあると思いますが、焦らせずに待つことも大切です。

 

・音読を行う 

読解力が弱いと感じる子は、実は文章をしっかりと読んでいないことが原因です。音読を繰り返すことで克服出来ます。滑らかに読める様になるまで繰り返し行うことで、確実に作文力も上がります。こうして得た読解力は、国語だけではなく全ての教科に関わってきます。

 

・読書(マンガを含む)を行う 

読解力を高めるために読書は欠かせないと思いますが、これは活字の本に限ったことではなくマンガでも効果を発揮します。様々なジャンルを読むことで知識が身につき読解力があがることは、東北大学大学院の研究でも実証されています。特に活字が苦手な子に無理に勧めると、かえって活字離れを起こす可能性があります。興味を持ったものを与えて読ませる様にしましょう。

 

・読み聞かせをする 

親が子どもに読み聞かせをすることも大変効果的です。読み聞かせの場合は目からだけではなく耳からも情報が入り、それを子どもは頭の中で整理するので想像力も養うことが出来ます。同じものを共有する経験からコミュニケーションがうまれますし、読み終えた後は親子で感想を伝え合うのも良いでしょう。

 

・要約する 

文章の要約も効果的です。筆者や登場人物の心情や言いたいことを理解するだけではなく、文章の意図を正しく理解した上でそれをアウトプットする力を身に付けることが出来ます。要約するポイントは、物語では「いつ・どこで・だれが・どうした」ということを書き出し、さらに「どんなことをきっかけにどうなったのか」という流れを書き出します。説明文では細かい説明を削り“まとめの説明”を抜き出すことがポイントです。「このように」「つまり」「したがって」などのつなぎ言葉を意識することで見つけやすくなります。

 

読んだ文章について一言、慣れてきたら字数制限をつけて説明させてみましょう。最初の内は口頭で構わないので「どんなことが書いてあった?」と聞いてみます。始めは上手にまとめることは出来ないと思います。その時には「いつ・どこで」などのポイントについて聞くことで徐々に具体的に言えるようになっていきます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • これからの時代に必要な『国語力』 子供の読解力・作文力を向...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。