大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 音読はすべての教科に絶大な効果あり!中学受験にはこう活用しよ...
2021年04月22日更新

音読はすべての教科に絶大な効果あり!中学受験にはこう活用しよう

小学校の宿題では、必ずと言っていいほど音読が出されます。音読は、字や文を読めるようになるだけではなく、国語や全ての教科に有効であり大人にもさまざまな効果がある最適な学習法です。中学受験を考える子どもにも、学力向上に役立ちます。
音読の効果とはどんなものなのでしょうか。そして学力に結びつく音読とはどのような方法でしょうか。

音読の効果を知ろう

音読にはさまざまな効果があります。黙読とは違い声に出して発音することで、脳に良い刺激を与えてくれるのです。どんな効果があるのでしょうか。

・読解力を鍛える  

読解力とは、相手の言葉の意味を理解する能力です。音読することで漢字の読み方や文章の切れ目を理解することができ、記憶力や空間認知力が高まります。読解力が高くなることで、頭の回転も速くなっていきます。

・記憶力が上がる  

音読する時は、視覚・聴覚など複数の感覚器官を使います。自分の声を聞きながら読むので、黙読よりも内容をインプットしやすくなります。黙読しただけよりも、読んだ内容を後々まで覚えていることが多いため、記憶力の向上にもつながっています。

・語彙力が増える  

分からない単語や漢字を調べることで語彙力が向上します。黙読だと分かったつもりで理解しないまま読み進めてしまいがちですが、声に出すことでその曖昧さを解消したくなるものです。

英語の学習でも声に出した方が覚えやすいと言われており、音読により活発化した前頭前野の影響で単語や文章をより理解できるようになります。自然と語彙が増えるため、話すことが楽しくなってきます。

・ストレス解消になる  

音読は脳の前頭葉を活性化します。前頭葉を刺激すると「セロトニン」という幸福ホルモンが分泌されます。このホルモンは、イライラや落ち込みを和らげる効果を持っています。また、セロトニンは女性ホルモンと深く関わっており、増えることで自律神経のバランスが良くなります。気分がふさぐ時には音読することでセロトニンを分泌させましょう。

・コミュニケーション能力の向上  

発声に慣れることでスムーズに人に話しかけられるようになり、コミュニケーション能力が向上していきます。普段からあまり声を発しない人ほどコミュニケーション能力が低く、話すことへの苦手意識を持っているものです。普段から発声する練習を行っていると、自分から人に声をかけることができるようになるかもしれません。

このように音読には、勉強だけにとどまらないさまざまな効果があります。大人のストレス解消や、認知症予防に活用されることもあります。外国語学習においても、スピーキングのみならずリスニングやライティングに効果があるため多く取り入れられています。

受験勉強にオススメな理由とは

音読にさまざまな効果があることは分かりましたが、「時間がかかるから」「面倒だから」という理由で避けている人も多いようです。受験勉強するにあたっては、具体的にどんな効果があるのでしょうか。

・黙読の時に「音読する感覚」をもてる  

音読を推奨すると「実際の試験の時は声を出して読めないのだから意味がない」という人がいますがそうではありません。日々音読を繰り返すことで、黙読する際にも音読しているような感覚で読むことができるのです。

どういうことかというと、ただ黙読をするだけでは活字を目で追っているだけになり内容が頭に入ってきづらくなります。内容を正確に意識しながら読むためには「頭の中で声を出すように読む」ことが大切であり、その音読感覚を養う為に普段からの音読が役立ちます。

つまり普段から音読をしていることによって、黙読している時でも音読のように内容を意識しながら精読することが出来るようになるのです。

・言葉をアウトプットすることができる  

記述問題を解く際に「これはどんな言葉で言えばいいのだろう」と適切な言葉が浮かばない時があります。しかし、普段から書き言葉を音読していれば、言いたい内容にぴったりな言葉がすぐに口から出るようになります。それはいつもそういった言葉を口に出しているからです。記述問題だけではなく面接など実際に話す際にも、「言葉が思い浮かばずにしどろもどろになる」ということが減っていくようになります。

・正しく整った文が作れるようになる  

せっかく適切な言葉が頭に浮かんでも、流れのおかしい文章や日本語として正しくない構成になっていれば記述問題を解くことは出来ません。正しい文章を身につけるためには、正しい文章を真似することが一番です。

それを目で読むだけではなく音読することで、意味や流れの正しい文章をインプットすることができ、試験の際に正しく書くことができるようになるのです。音読することで耳でも聞いているので頭に残り、いざという時にアウトプットすることができるようになります。

・速読できるようになる  

中学受験では、制限時間内で膨大な量の文章を読み問いに答える必要があります。国語に限らず、理科や社会、学校によっては算数でも長い問題文が出されることがあるため、素早く読み取れなくてはいけません。1分間に400文字読むスピードが要求されるとも言われています。音読をすることは、理解力が高まる為速読にも効果があります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 音読はすべての教科に絶大な効果あり!中学受験にはこう活用しよ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。