大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 子どものイヤイヤ期。成長の過程を楽しんで乗り切ろう!

子どものイヤイヤ期。成長の過程を楽しんで乗り切ろう!

子どもが産まれて1歳くらいまでは、寝返りやハイハイ、つかみ食べなど、できることがどんどん増えて毎日が成長の連続ですね。さらに成長すると少しずつ自我が芽生えて「イヤ」「ダメ」などを連発する様になり、これがママの悩みの種となります。

成長する過程で必要な時期だと分かっていても、ひどい時には叫ぶ・暴れるなど、やりたい放題となり不安に感じる方も少なくないのではないでしょうか。イヤイヤ期とはどんな時期に訪れどんな特徴があるのか。そしてその対処法についてご紹介します。

イヤイヤ期はいつ、なぜ始まる?

幼い時期に自我が芽生えだすこの時期を「イヤイヤ期」と呼び、個人差はありますが一般的に1歳半~4歳頃にみられます。いつから始まるのかを見てみましょう。

 

・1歳半未満・・・6%

・1歳半~2歳未満・・・52%

・2歳~2歳半未満・・・26%

・2歳半~3歳未満・・・10%

・3歳~3歳半未満・・・4%

・3歳半~4歳未満・・・2%

2歳台で8割弱を占めていることが分かります。「魔の2歳児」とも呼ばれるのも納得ですね!

※kosodate LIFEアンケート

 

イヤイヤ期がなぜ起こるかというと、成長過程にある子どもの脳の前頭葉が未発達でありながら、「自分でやりたい」「思い通りにならない」という気持ちが表れ始めるためです。

この気持ちを言葉などで上手く表現できないことで、本能のままに行動してしまうことが原因です。1歳を過ぎると自分でできる行動が増え自分自身の存在を意識するようになります。これが自我の芽生えです。

また、目の前の出来事は嫌だけど具体的に自分がやりたいことまでは分からないこともあります。言葉を覚えて自分の気持ちを伝えられるようになってくると、好き嫌いが頭で整理できるようになり次第に気持ちが落ち着いていくことがほとんどです。

イヤイヤ期が終わるのもそれぞれ

イヤイヤ期には個人差があると申しました。様々なケースについても見ておきましょう。

イヤイヤ期が始まる時期・終わる時期はそれぞれ違いますが、中にはイヤイヤ期がない子もいます。言葉の覚えが早い子は自分の欲求を伝えることができるため激しい癇癪を起こさないということが考えられます。

イヤイヤ期がある子の中でも、性格が大らかや内気なタイプの子は激しい感情を見せないケースがあります。「イヤイヤ期がないと正常に成長していない」ということはありませんので、心配せずに見守りましょう。

 

一方でイヤイヤ期が長いという子もいます。イヤイヤ期が始まる時期が異なるように、当然終わる時期も個人差があります。いつ終わるかは、ママにも子ども自身にも分かりません。

早くに始まったのに中々終わらないと、終わらなかったらどうしよう、わがままに育ってしまわないだろうかと悩む方も多いと思います。しかし、イヤイヤ期は成長の過程ですから自分の感情をきちんと表現できるようになれば自然と落ち着いていきます。過度に心配することのないようにしましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 子どものイヤイヤ期。成長の過程を楽しんで乗り切ろう!