大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 読書は人生を豊かにする!小学生から読書習慣を身に付けるには
2021年07月15日更新

読書は人生を豊かにする!小学生から読書習慣を身に付けるには

子どもには本を読んでほしいと思いながら、全く読んでくれない・マンガしか読まないなどと頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

読書にはさまざまな利点があります。また受験を考えている子にとっては是非習慣にしたいところです。読書を習慣にするにはどうしたら良いかを見ていきましょう。

小学生はどのくらい本を読んでいるか?

本をよく読む子もいればあまり読まない子もいますが、自分の子と比較するとどのくらい違うのかも気になりますね。実際全国の小学生はどのくらい本を読むのでしょうか。

小学生が1ヶ月に読んだ読書量を調査したところ、平均3.1冊となりました。学年別では、1~3年が3.7冊、4~6年が2.6冊となっています。

※「学研教育総合研究所」 小学生1~6年生1200人に2019年8月調査


一方、プレジデント社が現役東大生に小学校時代の読書量を調査したところ、月7.4冊読んでいたというデータもあります。

「賢い子が本を読むのではないか」と言う方もいます。しかし、東北大学加齢医学研究所の研究によると、4~18歳の子どもに読解力テストを行ったところ本をたくさん読んでいる子どもほど点数が高く、3年後も同じテストを実施すると読解力テストの伸びが本をたくさん読んでいる子の方が良かったという結果を公表しています。

脳のMRIの分析でも、読書をしている子どもの脳は神経ネットワークの結束力が強く神経回路の発達が大きいことが分かっています。つまり読書をすることで脳の神経回路が発達し、賢くなる=成績があがるということです。

読書のメリットを知ろう

読書をすることにはさまざまなメリットがあります。どんなメリットがあるのか見てみましょう。

・集中力が養われる 

小学生が本を読むと集中力が付きます。本を読むことは文字を追い続けることなので、マンガやテレビと比較しても集中力が求められるからです。また忍耐力も養われます。

統計でも、読書をする小学生は集中力があり学力が高い傾向にあり、読書をしない小学生は集中力が欠けて勉強が得意ではないと出ています。

読書をして集中力が養われると、脳にも良い影響を与えるのです。

・読解力・語彙力が向上する 

多くの単語や漢字に触れることで読解力が身に付き、語彙力も蓄積されます。本を読んでいると知らない表現も出てきますが、意味が分からなくても前後関係から推測して読むことで読解力が向上するのです。正しい言葉遣いを学べるので言語能力が付きます。

・人の気持ちを理解できるようになる 

読書は情景を想像したり登場人物の心情を理解したりしながら読み進めます。想像力を最大限に働かせるので脳が活性化します。

読書が習慣化すると感情移入が得意になり読解力がつくので、国語の成績が上がります。実際子どものころに読書をした人は、大人になってもコミュニケーション能力や社会性が高いと報告されています。

本を読まずに想像力が低い小学生は、相手の気持ちを理解できずトラブルの原因になるケースもあるのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 読書は人生を豊かにする!小学生から読書習慣を身に付けるには