大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 中学受験でも模試は重要!活用して力を高めよう
2021年10月21日更新

中学受験でも模試は重要!活用して力を高めよう

中学受験を行う場合、通塾している・していないに関わらず模試を何度か受けることになると思います。しかし、何も考えず前後の対策も取らずにただ受け続けても、あまり意味がありません。

模試を受けるのにも基本的には受験料がかかるため、無駄にはしたくないですよね。模試を受ける効果と、そのための対策について知り効率的に模試を受けましょう!

模試には色々な種類がある

模試を活用したいと思っても、様々な会社が違うタイプの模試を実施しており、何をどのくらい受けたらいいのかと迷う方も多いと思います。まずは模試のタイプを見ていきましょう。

・判定系模試 

判定系模試は、主にハイレベルな受験生向けです。難関中学を目指す子に向いています。

日能研の「志望校選定テスト」は、6年生が対象で7月に実施されます。志望校を8校まで選択でき、偏差値から判定情報を得ることができます。

SAPIXの「志望校判定サピックスオープン」は、6年生が対象の公開模試です。「知識の定着度と問題処理能力を測る問題」と「思考力と記述力を測る問題」の2タイプのテストを受験することで、より精度の高い適性や合格可能性を判定できます。

・統一系模試 

統一系模試は、標準的な難易度の模試で、受験を始めるにあたり実力を測りたい小学生や、標準レベルの志望校を目指す小学生に適しています。

四谷大塚の「全国統一小学生テスト」は、全国の年長・小学1~6年生が無料で受けられる模試です。年2回行われており連続受験することで学力の推移が分かると共に、全国規模での順位が分かります。学習領域別の正答率や都道府県別ランキングなど、成績表の充実が特徴です。

首都圏模試センターの「統一合判」は、受験校選びに活用できます。年間6回受験できるので、場数を踏むことに向いています。中学受験を目指す上で、自分のレベルや弱点を確認できます。

他にも、難関校だけをターゲットとするもの、公立中高一貫に向けているものなど様々です。自分のレベルや志望校に合ったものはどれかを見極め選択しましょう。

 

模試を受けるメリット

様々な模試があることは分かりますが、受験するメリットはどんなものでしょうか。

・受験を疑似体験できる 

本番の中学受験は、広い会場に受験生を集めて行うため小学校で受ける普段のテストとは違う独特の緊張感があります。その雰囲気にのまれてしまうと、自分が本来持っている実力を出せずに終わってしまう可能性があります。

しかし、模試を何度も経験して雰囲気に慣れておくことで受験の予行演習にもなります。時間配分や解ける問題から解いていくなど、全体を見極め冷静に判断する練習にもなります。

・自分の学習状況が分かる 

模試では点数や偏差値が分かるだけではなく、問題の正答率も分かります。データにより、実力を客観視することができるのです。

苦手教科がどの程度苦手なのか、苦手意識がないが実は理解できていないところはどこかなど、自分で気づいていないウィークポイントに気付くことができます。

・自分の位置が受験生の中でどこなのかが分かる 

模試では、志望校の受験生の中で自分がどの位置にいるのか、合格の可能性が高いか低いか、ということが分かります。また繰り返し受けることで、自分の成績が伸びているかどうかも把握できます。

自分の実力を把握することで、何をどのくらい勉強すればよいのかが分かり、勉強を効率的に進めることができます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 中学受験でも模試は重要!活用して力を高めよう
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。