大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 集中力&やる気が上がる!タイマー式学習法で勉強効率アップ
2021年12月16日更新

集中力&やる気が上がる!タイマー式学習法で勉強効率アップ

集中力をあげよう!タイマー式学習法で勉強効率アップ!!

子どもがやっと勉強を始めたと思ったらダラダラと行い、イライラしてしまうことはありませんか?なんでうちの子はこんなに集中力がないのだろうと嘆いてしまうこともあるかもしれません。

集中力を高めるためには時間を区切ることが有効で、そのためにタイマーを活用した勉強法が注目を集めています。時間を区切るとどんなメリットがあるのでしょうか、そしてタイマーをどのように活用すればいいのかを見ていきましょう。

タイムマネジメント能力を身に付けよう

学校、習い事、友達との約束などで忙しく「勉強する時間が足りない」という子も、時間の使い方を見直すことで時間が作れるようになります。

時間管理術、「タイムマネジメント」は、限りある時間を有効に使うためのスキルです。時間は有限であり資産です。時間の使い方が上手になることで、できることが格段に増えるようになるのです。

小さい頃からタイムマネジメントを意識することで、大人になっても時間を有効に使えるようになります。


時間の使い方の上手・下手で成績面でも違いが生じます。時間を上手に作れずに徹夜で勉強しても、その場限りとなりますし寝不足では良いパフォーマンスを発揮できません。

逆に上手に時間を使うことができれば、勉強の効率も上がり睡眠をしっかり取って万全の状態でテストに挑むことができます。


タイムマネジメントに必要なのは「意識」と「俯瞰」です。「意識」は、子ども自身が「このままではいけない」と感じることです。ダラダラ過ごして時間が取れず成績が下がる…など、悪循環に陥り「何とかしなくては」と危機感を持つことで行動に結びつきやすくなります。

「俯瞰」は、自分を客観視することです。少し離れて自分を見つめることができると、必要なこととそうではないことの選別ができるようになり、時間を上手く使うことに気付きます。


大切な2つのことですが、子どもが自分でそれを感じて行動に移すことはとても難しいでしょう。上手く気付かせるためには、親の声掛けが重要です。

「こうしなさい」、「ああしなさい」、と言われると反発し行動に移しづらくなります。直接ではなく「TVで言っていたけどこうするといいらしいよ」、「受験生の合格体験記でこう書いてあったよ」などと何気なく言うと耳に入りやすくなります。

誰かが頑張って結果を出していると聞くと、自分の行動と俯瞰して比べることもでき、行動につながりやすくなります。

タイマー式学習のメリットとは

タイムマネジメントを行いながら勉強するのに、タイマーを利用した「タイマー式学習法」がオススメです。どんなメリットがあるのでしょうか。

まずは、時間を区切るとなぜ集中できるのかを知っておきましょう。ここには心理学の法則が隠されています。作業の始まりには「初頭努力」、終わりには「終末努力」という集中力が高まる時間帯があります。

 

15分計算を行い5分休憩、再度15分計算という実験を行ったところ、初頭努力と終末努力が2回ずつ訪れ4回計算量が上昇しました。同様に休憩無しで同じ時間、つまり35分間計算を行ったところ、最初と最後の2回しか集中出来ない為5分休憩を挟んだ場合よりも計算量の上がらない時間が長くなるという結果になりました。

つまり、休憩を取らない方が5分長く勉強しているにも関わらず、休憩を取って勉強した方が集中する時間を長く確保し効率良く勉強できるということです。

※「神・時間術」クレペリン検査

 

タイマー式勉強法の最大のメリットは、時間を区切って勉強するため緊張感を持つことができることです。

緊張すると、やる気や集中力に影響するノルアドレナリンという物質が分泌されます。タイマーで制限時間を設定することは、緊張する環境を作り出すことになるので集中ができるのです。

人は長時間集中することが難しく、子どもであればさらにその時間が短くなります。それでも無理して勉強を続けることは、勉強の効率を下げることにつながります。

短時間の勉強を繰り返すことで集中力を持続することができ、効率的な勉強が可能となります。休憩を挟みまた取り組む、を繰り返すことで集中した状態を長く維持することができるのです。

 

普段の勉強だけではなく、確認テストや過去問を解く時にもオススメです。時間を区切って勉強することで、自然と受験本番のような時間の使い方が身に付きます。大問ごとに区切って測れば、全体の中でこの問題にはこのくらい時間をかけられる・もしくはこれ以上かけられないという感覚も身に付けることができます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 集中力&やる気が上がる!タイマー式学習法で勉強効率アップ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。