大人女子のためのWebメディア
検索
2013年12月06日更新

ドラゴンクエストポータルアプリとは?

「竜王をたおす」という明確でぐっとくるゴールが最初に提示されるので、みんなコツコツとレベル上げしたり、街で情報を集めて次に行くところを探したり、友達と情報交換したりするんでしょうね。


私は、FFシリーズが好きです。
そんな私でも元祖JRPGともいうべき「ドラゴンクエスト」シリーズはFC時代にプレイしています。
FC全盛期を生きてきた我々にとって、ほぼ全員が通っている道ともいえる「ドラゴンクエスト」シリーズがスマホで遊べるようになるとは、聞き捨てならんということで【ドラゴンクエストポータルアプリ】をダウンロード。
しかも、最初は100万人限定の無料ダウンロードキャンペーンだったのだが初日で100万DLを突破してしまい、



「竜王」を倒すとかアツすぎる!



JRPGの原点ここにあり。といった感じのゲーム目標。
「竜王をたおす」
という明確でぐっとくるゴールが最初に提示されるので、みんなコツコツとレベル上げしたり、街で情報を集めて次に行くところを探したり、友達と情報交換したりするんでしょうね。
なんかとにかく「美麗」なカードを集めさせるゲームを作っている人たちに思い出してもらいたいもんです。




噂通りの「ゆとり」仕様!



このアプリが登場してから、ネットで話題となっていたのがFC時代とくらべて「ゆとり」仕様になっているという話。
実際プレイしてみると、本当に「ゆとり」仕様!
序盤は、FC時代の記憶よりもお金がたまりやすい印象。
もっともFC時代と違う点は「スライム」のHPが「2」であることだ。「スライム」といわれれば自然と脳裏に「3」という数字が浮かぶぐらいスライムのHPは「3」なのに、スマホ版では「2」なのだ。
これは「ゆとり」と言われる大きな要因といえそうだが、果たしてこれは狙いなのか??
あと「ようせいのふえ」とか大事なアイテムが落ちている場所は光っていたりするのだ。
そのわりに、UIが悪く操作しづらい。慣れるのに結構かかってしまう。




けっこう記憶に残ってるもんですね



最初はもう全くと言っていいほど、進み方を思い出せなかったけれどもプレイしている間に断片的に覚えている部分があって、それが合っているとうれしいもんである。
「たいようのいし」の場所をなんとなく覚えてたりして、小学生の時に友達のお兄ちゃんから教えてもらって見つけたことを思い出した。

過去にプレイした人しか味わえない感覚
なので、初めてプレイする人は純粋に、謎解き感みたいなものを味わってほしい。




これがRPGの醍醐味!



RPGの醍醐味は、個人的には「進捗感」だと思っている。
「進捗感」はストーリーが進んだりするという意味でもそうなのだけど、やっぱり「強くなる」ことがいちばん楽しいのだ。
今まで倒せなかったモンスターがレベルアップしてギリギリ勝てるようになり、強い武器を手に入れて余裕で勝てるようになったり。
とくにこの「ドラクエ1」は、数値がシンプルなのでそれがより顕著なので、こういう気持ちよさは見習うべきである。




強い相手と戦う前のドキドキがたまらん!



ついにドラゴンに挑む!
もう、明らかに特別で強いとわかっているモンスターに挑むときのドキドキ感はたまりません。
これもRPGの醍醐味の一つ。こういう特別なボス級のモンスターだけはエンカウントするのではなくて自分からチャレンジしにいくという仕様は発明です。




オリジナルのグラフィックで遊びたい!



スマホ版のグラフィックは、FC版からほぼ完全につくりなおされている。
キャプチャを見ていただくと、我々世代のほとんどの方は違和感を感じているはずだ。
なんせ、主人公の勇者がフィールドで「横」を向いているのだ。「ドラクエ1」といえばずっと正面をあるくものというイメージがあるので、ちょっと残念だったりする。




遊び心が大事!



やっぱりゲームにはこういう遊び心がないとだめだと思う。

せっかくモンスターを倒して稼いだお金をこんな事に使わせるという「遊び心」は大事。

「ぱふぱふ」は特に鳥山先生っぽさ丸出しでよいです。
個人的にもちょっと遊ぶといろいろ原点に帰ることができて楽しめたし、何十年たってもおもしろいゲームは面白いんだと思い知らされた。

ドラクエを遊んだことない人も、ぜひこの無料期間中にダウンロードしてJRPGの原点を体感していただきたい。


ドラゴンクエストポータルアプリ
ドラゴンクエストポータルアプリ 価格:無料会社名:SQUARE ENIX Co.,Ltd.


Androidアプリダウンロードボタン


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。