大人女子のためのWebメディア
検索

大人女子の着物講座。半衿で顔まわりを華やかに

着物は小物合わせで色々オシャレができます。 そのひとつが半衿(はんえり)です。 衿元のオシャレは顔に1番近いところなので、半衿ひとつで第一印象が変わります。 白い無地の半衿もスッキリしていて綺麗ですが、刺繍や柄があったり、色がついたものなどを合わせると華やかになります。ぜひ色々な半衿を楽しんでみてください。

着物

着物は小物合わせで色々オシャレができます。

そのひとつが半衿(はんえり)です。

衿元のオシャレは顔に1番近いところなので、半衿ひとつで第一印象が変わります。

白い無地の半衿もスッキリしていて綺麗ですが、刺繍や柄があったり、色がついたものなどを合わせると華やかになります。ぜひ色々な半衿を楽しんでみてください。

 

留袖、訪問着、付け下げ、色無地などにはぜひ刺繍半衿で華やかに。

小紋や紬はあまり難しく考えずに合わしてみてください。

どんどん着物の雰囲気が変わっていきますよ。

 

では何点か半衿をご紹介したいと思います。白い半衿との違いをご覧ください。

 

刺繍半衿

 

刺繍半衿・・・衿元を豪華に演出します。

まずは白半衿です。シンプルですっきりです。

半衿8

桜の刺繍を合わすとかわいらしさがUPします。

半衿6

 

レース半衿

 

レース半衿・・・年中通して使えます。

半衿2

紬や木綿着物、小紋ぐらいまでに使えます。

やわらかい雰囲気になりますね。

 

 

ビーズ半衿

 

ビーズ半衿・・・年中通して使えます。

半衿3半衿5

光に当たると、キラッと光ります。

白だと控えめな華やかさに、黒だとゴージャスに衿元を演出します。

 

 

組みひもの半衿

 

組みひもの半衿・・・バイヤスに組まれているのでしわになりにくいです。

 

半衿7

珍しい組みひもの半衿です。

縫い代なく長襦袢に付けられるので便利です。

控えめですが少し光っているのでオシャレです。

 

 

柄ものの半衿

 

半衿

POPにきめたい時は染めの柄半衿がおすすめです。

わざと柄ON柄も可愛いです。

 

半衿は本当に色んな種類があります。

ポリエステルや木綿などは安くから手に入れることが出来ます。

着物などの余り切れや、古い着物などをほどいて作るのもおすすめです。

市販の半衿に刺繍をしたりしてオリジナル半衿を作ったり、季節ものの半衿をつけて、季節を楽しんだりもできます。

半衿は凝りだすと、とっても楽しいですよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

4歳からダンスを始め、舞台歴は30年以上です。 現在は舞台の振付や演出などを手掛けています。 着物が大好きで、普段はリサイクル着物を販売している呉服店に勤務しています。 美容と健康とファッションに興味があります。 習い事が大好きで英会話、和裁などいろいろしていています。 今は週3、スポーツジムに通っています。 美魔女目指して日々精進中です。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。