大人女子のためのWebメディア
検索

やっぱりリラックスが優先!スウェットを取り入れてもオシャレに見せるコツ!

着心地が良くかなり楽チンなスウェット生地。ちょっとした用事や、近所に買い物程度ならリラックスしたアイテムでパパッと簡単にコーディネートして出かけたいですよね。

そんなリラックスしたスタイルも、海外の女性達はうまく取り入れています。ちょっと工夫をするだけで、これだけオシャレに見えるんですね。 

 

シャツを腰に巻いたひと手間で出来上がり

スウェット
(Photo by milanda.net)

 ワインカラーのロゴスウェットを取り入れた着こなしです。

タイトなパンツとサイドゴアのショートブーツで無難なコーディネートにチェックシャツを巻いてアレンジ。

これなら気軽に取り入れられそうですね。

シャツは明るめカラーを意識しましょう。

 

フェイクレザーのスカートでメリハリを

 

スウェットコーデ
(Photo by milanda.net)

こちらもネイビーのロゴスウェットをチョイスした着こなし。

スカートはフェイクレザーのタイトスカートで対照的な素材感を楽しむコーディネートになっています。

ダークカラーにまとまった中にカラフルな小さめバッグがマッチしています。

 

スウェットパンツもスキニーパンツのように

 スウェットズボン

(Photo by chictopia)

ブラックのスウェットパンツで着心地重視の着こなしに。

レースがステキなホワイトのトップスにスウェットパンツがスキニーパンツのような役割になっています。

リブがあるのでヒールがないシューズでもくるぶしあたりはスッキリな印象に。

スウェットパンツはワイド過ぎないシルエットを選ぶことがコツです。

 

デニムと合わせて活発カジュアルなスタイルに

スウェットコーデ1

(Photo by woman-lifeinfo.com)

グレーのスウェットパンツにデニムシャツとデニムジャケットを合わせたスタイル。

デニムのカジュアルなイメージとリラックスなスウェットパンツがしっかりマッチしています。

スウェットパンツはジャストサイズもしくは少しタイトめでキレイなシルエットを演出しましょう。

 

ジャケットを羽織ってインナーとして着こなす

 スウェット2

(Photo by woman-lifeinfo.com)

スウェットをジャケットとコーディネートしたスタイルです。

タイトなパンツとパンプスでキチンと感を出して、ジャケットで引き締めています。

ジャケットを脱げばすぐにリラックスできる楽チンな組み合わせですね。

 

アクセサリーをうまく使ってバランスを

スウェット生地以外のアイテムでキチンと感があれば、違和感なくまとまります。

アクセサリーなどでひと手間かければ後はリラックスした着こなしを楽しみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

ロンドンでデザインアシスタントを経験後、インポートブランドのPR会社勤務を経てフリーのファッションライターへ。 ヨーロッパブランドを中心とした記事や、サンプルセールなどの情報を発信中。tokyosamplesale.com
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。