大人女子のためのWebメディア
検索
2015年06月01日更新

メガネ女子、今から買うならどれ?この夏のクレバーなアイウェア5選。

数年前に火がつき、未だにヒートアップが続くメガネ人気。

定額売りのお手軽価格メガネを何本も持つのも一興。

でも、それなりのお値段の物は永く使えるという利点があります。

例えば、プラスチックフレームでも鼻当ての部分を交換できたりするんです。

今回は「ちょっとよい、クレバーに見えるメガネ」をコンセプトに、この夏気になる5選をしてみました。

 

トム・フォードの黒ぶちを超えた黒ぶち 

クレバーなアイウェア1
Photo:store.shopping.yahoo.co.jp

グッチ、サンローランのクリエイティブディレクターを経て、2005年に自らのブランドを立ち上げたトム・フォード。そのアイウェアはスタイリッシュで力強いイメージです。メンズラインは映画007シリーズでジェームズ・ボンドが着用していたことでも話題になりました。

レディースラインもメンズラインのレンズ部分の大きさを若干コンパクトにしたような、ユニセックスの雰囲気漂う、存在感のあるラインナップとなっています。

ここで紹介したいのは、一見黒ぶちに見えながらも、実はよく見ると極細ピンストライプとなっているライン。黒ぶちの凛としたイメージを残しながらも、半透明のラインが光を取り込み、柔らかい印象でかけることができます。

トム・フォードのプラスチックフレームのメガネは鼻当ての部分が低いので、女性はまつ毛がぶつかってしまうことも。鼻当てを盛ってくれるような、きちんとしたメガネ屋さんで作ることをお勧めします。

 

アシンメトリが個性的で優しい。ayame(アヤメ)のSPIKE

 

クレバーなアイウェア2
Photo:maryloueye.exblog.jp

2010年創業のメイド・イン・ジャパンブランド「ayame」。お洒落なアイウェアのお店ではひとつの棚を占領する、飛ぶ鳥を落とす勢いのブランドです。ここでは主力モデル、丸みを帯びたラインがクラシックな「SPIKE」から、べっ甲色の物をチョイス。メガネの下部分が明るい色になっているので、かけると優しい雰囲気に。個性を失わないのも嬉しいところ。

 

華奢なゴールドは芸術品のよう。VONNのセル×ゴールドライン

クレバーなアイウェア3

Photo:www.e-begin.jp

2015年創業の、こちらもジャパニーズブランド。昔から眼鏡づくりで有名な福井県鯖江市の職人さんの手による製品です。

こちらは黒ぶちもオススメで、より知的なイメージを醸し出してくれます。フレームにぐるりと回っているゴールドのラインが、顔の動きにつれてチラリとする感じが妙に女っぽく決まる一品。

 

肌なじみが良いカラーなら、EnaLloid(エナロイド)のグレー
 

クレバーなアイウェア4
Photo:shiraishi-optique.com

黒ぶちや濃い色の「メガネをかけてます」感が苦手な人は、こんな肌馴染みの良いカラーはいかが? 実際に手に取るとよくわかるのですが、フレーム上部が明るく、下部が濃い色になって見えます。非常に凝った造りになっていて、フレームの厚みの半分くらいが光を透過する素材なので、絶妙な肌なじみを実現。優しいカラーのメガネは、手にしたときにインパクトはなくても、かけるとパッとお洒落な印象になります。

 

夏なので、今季絶大のコスパを誇るサングラスをひとつ

クレバーなアイウェア5
Photo:item.rakuten.co.jp

最後に最強のコストパフォーマンスを誇るサングラスをひとつ紹介しておきます。

これ、カルバン・クラインの新作ですが、実は黒に見えるふち色はネイビーです。ネイビーのふちでレンズがブラウンのグラデーションというのは、画期的。ふちがネイビーだと、黒のグラデーションかパープル系におさまりがち。この絶妙な組み合わせが、辛すぎず、甘すぎずの奇跡のテイストを生み出します。これが1万5000円で買えてしまうから驚き。

見つけたら、迷わず買うべし、です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

フリーライター・エディター。都内在住2児の母。趣味はジョギングと読書、音楽鑑賞などなど。アラフォー圏内に入り、気分はますます自由になるばかり。Twitter:@uta0515
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。