大人女子のためのWebメディア
検索

大人女子がおさえておきたい浴衣のマナー

いよいよ夏本番。夏祭りや花火大会などの機会も多くなる季節ですね!「せっかくなら浴衣を着て出かけたい」という方も多いと思います。浴衣を着るにあたって、もし守ったほうがいいルールがあれば知っておきたいところ。着付けの先生から習った「浴衣を着る時、大人女子なら押さえておきたいルール」をご紹介します。

いよいよ夏本番。夏祭りや花火大会などの機会も多くなる季節ですね!
「せっかくなら浴衣を着て出かけたい」という方も多いと思います。

浴衣美人2

浴衣はカジュアルに着られる和服なので、そこまで堅苦しく気にする必要はありませんが、せっかくなら最低限守るべきポイントはおさえておきたいですよね。

着付けの先生から習った「浴衣を着る時、大人女子なら押さえておきたいルール」をいくつかご紹介します。

 

浴衣の下に浴衣用の下着を着る

 

せっかく素敵な浴衣を着ているのに、下着が透けてしまっている女性を見かけたことはありませんか?

大人なのにスケスケはみっともないので避けたいところです。

下着を活用すれば、透けることなく着ることができます。

 

・浴衣用下着を使用する

浴衣用の下着は、ネット通販で1000円くらいから揃えられるので、ぜひひとつは持っておくことをおすすめします。

 

上下つながっていてひもがついているもの、ツーピースになっているものがあります。

個人的には上下つながっているものの方がウエストまわりがもたつかず、使いやすいかと思われます。

 

・普通の下着を活用する

必ずしも浴衣用の下着を買う必要はなく、着物用の肌着を持っている方はそちらで代用してもいいですし、下着のスリップや、キャミソール+ペチコートで代用してもいいでしょう。

 

浴衣の下に着る下着、選ぶときのポイントは以下の3点。
薄い
下着の色が浴衣にうつらない
着た時のシルエットがでこぼこせず、浴衣に下着のラインが出にくい

 

子供っぽい作り帯はNG!

 

作り帯の種類もいろいろあるため一概には言えませんが、小・中学生の時に着るような、リボンになっているタイプの作り帯を大人がするのはちょっと恥ずかしいです。できれば自分で締めましょう。

 

 

浴衣に合わせる半幅帯は数千円〜の価格で手に入れることができますし、帯の結び方もネットで調べることができます。

基本の結び方さえマスターしてしまえばそれを元にアレンジすることができますし、お友達やお子さんの帯を締めてあげることもできるので、覚えておいて損はないです!

 

帯の結び方がイラストで紹介されているサイトもありますが、わかりにくいようであれば動画を見た方がよりわかりやすくてオススメです。

 

髪の毛が浴衣のえりにつかないようにした方がベター

 

お出かけの際に浴衣を着るのであれば、ショートだったらえりにつかない長さで整える、長ければ紙を結ぶ・上げる等、髪の毛がえりにかからないようにした方がよりきちんと感が出ます。

 

(浴衣はカジュアルなのでかならずしも気にしなくていいかもしれませんが、着物を着て出かける際は守らなければいけないマナーになっています)

ヘアサロンでセットする必要はありませんが、できる範囲でアレンジしてみると楽しいですよ☆

 

浴衣で出かけていい場所は?

浴衣で出かけていい範囲がどこまでか気になる方も多いと思います。

例えば結婚パーティー、フレンチレストランなどのフォーマルな場に着ていくのはNGですが、カジュアルなレストランや、ちょっとしたお出かけやデートであれば着ていっても問題ないです。

 

心配であれば、事前にお店に浴衣で行っても問題ないか聞いてみましょう。

 

浴衣美人


日本の文化のひとつである浴衣。ぜひお出かけに取り入れて楽しんでくださいね!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

OL兼ライター。おいしいものと可愛いものが好きなおたく。 女子が興味のありそうなものや悩みに関する記事を書いて一緒に理想に近づいていけたらと思っています。座右の銘は「やらずに後悔よりやって後悔」です。万年ダイエッター。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。