大人女子のためのWebメディア
検索
2016年02月12日更新

女子旅で人気の福岡県からWEB小説「ぴりから」配信開始

美味しいものや、美人の秘訣がぎゅっと詰まっている福岡県が観光プロモーションの一環として新しい取り組みを発表しました!「やみつきの刺激」をコンセプトに、WEB小説「ぴりから」の配信が2016年2月12日からスタートします。WEB小説を通して福岡県の新しい魅力を知ることができるので、ぜひ一読してみてはいかがでしょうか?

美味しいものや、美人の秘訣がぎゅっと詰まっている福岡県が観光プロモーションの一環として新しい取り組みを発表しました!

「やみつきの刺激」をコンセプトに、WEB小説「ぴりから」の配信が2016年2月12日からスタートします。WEB小説を通して福岡県の新しい魅力を知ることができるので、ぜひ一読してみてはいかがでしょうか?

IMGM6703

Photo:左から堀江貴文さん、東山彰良さん、田中里奈さん、鈴木おさむさん、佐々木圭一さん、福岡県知事 小川洋さん、坪田信貴さん、小林麻耶さん

スマホで読む「ぴりから」小説

福岡県出身の起業家・堀江貴文さんをはじめとした「福岡愛」溢れる7人の著名人によって、食や歴史、文化、人と様々なジャンルで福岡県を舞台にした連続ソーシャル小説です。

福岡県の名産品、明太子にちなんだ「ぴりから」というネーミング通り、何かしら「ぴりから」な格言が含まれているスパイシーな小説に仕上がっています。

そのひとつひとつの小説にキーワードやポイント、内容などの一部がどこかしらで連動していることが「ぴりから」の特徴。

著者達の実体験や思い出の場所などが描かれているからこそ、笑あり涙ありの内容で、読み進めていくうちにその世界観に引き込まれていきます。

まだ福岡に行ったことがない方はもちろん、地元の方たちをも、もう1度行ってみよう、見てみようと思わせる作品たちです。

毎週金曜日に1作品ずつ公開されていくので、ちょうど良いペースで読め、次の公開が待ち遠しくなること間違い無しです!

IMGM6410

Photo:左から堀江貴文さん、田中里奈さん、鈴木おさむさん

福岡県出身、起業家「堀江貴文さん」

著者として記者会見のトップバッターを飾った、「ホリエモン」こと堀江貴文さん。

執筆のオファーを受けた理由は、興味の湧くキャッチフレーズとノリが良い人がやるものだと思ったから、だそう。

堀江さんの小説「1991年 俺のDESIRE」は最後のオチを含めた全体の約7割が実話であるといいます。

上京前、高校時代をメインに「ホリエモン」と呼ばれる前の若かりし頃が舞台のこの小説は、みんなが知らない「ホリエモン」を垣間見れる作品。

小説を完成させる上で、学生時代に同世代が感じる恥ずかしさをいかに出せるか、という部分にこだわって執筆したとか。

同じく「ぴりから」の執筆者である田中さんは、堀江さんの小説を青春映画を見るような感覚で読み切り、「ホリエモン」になるまでの野心を感じたそうです。

読者モデル「田中里奈さん」

青文字系ファッション雑誌のカリスマ読者モデルで、近年は企業ブランドのデザインなどに参加するなど、あらゆる舞台で田中さんらしい素晴らしいセンスを発揮。

小説執筆初挑戦の田中さんは、自分のなじみのあるものを登場させて書き始めの難しさを突破、初々しい部分を上手く残して完成させました。

福岡の美容院で働く主人公と東京でバリバリ働くOLの姉という姉妹が織り成す物語。

ファンタジーとリアルを織り交ぜた、タイトル「とこやさんの魔法」は7つの小説の中で1番暖かい作品となっています。

放送作家「鈴木おさむさん」

昨年、妻である森3中の大島美幸さんとの間に第1子が誕生し、父親となった鈴木おさむさん。

毎年1回は福岡に訪れるそうで「福岡愛」が強い鈴木氏は現在育休中のため、育児と並行して自宅で出来るということもありオファーを承諾。

自身のパワースポット好きという観点から、タイトルにもなっている「恋木神社」がメインスポットとして物語が展開していきます。

名前からして女性の心を動かす「恋木神社」、読むだけで恋愛運がUP!?

最後の3行で鳥肌が立つという、鈴木ワールド満載の小説です。

IMGM6325

Photo:左から坪田信貴さん、小林麻耶さん、佐々木圭一さん

ビリギャル 著者「坪田信貴さん」

初の短編小説「誰かのためにひいたおみくじ」、親にも読んでほしいと語った坪田さん。

4回の書き直しの末に完成したというこの作品、同じく執筆者の佐々木さんは、その4回とも全て読んだそうですが、毎回泣いてしまったそうでこの作品を最も泣ける作品と紹介。

坪田さんは毎年、福岡の太宰府天満宮にお願い事ではなく感謝をしに行くそうですが、福岡に行く度に美人が多い県だと感じることから、日本1美人率が高い!と溢れる「福岡愛」をアピール。

フリーアナウンサー「小林麻耶さん」

最近歌手デビューで話題の小林麻耶さん、今回は小説家デビューと多彩ぶりを発揮。

2016年は新しいことに挑戦するという目標通りの活躍ぶりに、目が離せません!

才色兼備な小林さんですが、小説を書き始めるまでに1ヶ月半も悩み、1度書き上げた作品をテーマから変えて再度1から書き直したという渾身の作品は「ニュースワイドの時間です。」というタイトル通りフリーアナウンサーのストーリーになっています。

堀江さんと同じく約7割が実話だというほど赤裸々に書かれた小説には、小林さんの妹や姪も登場するという必見ポイントもあるそうで、どこからどこまでが実話なのか、と想像しながら読む楽しさもありそうです。

歌手活動とは対極の、真剣で真面目な小林さんの意外な一面を覗けるかも!?

伝え方が9割 著者「佐々木圭一さん」

大ヒット「伝え方が9割」をまさかの小説化、タイトルは「伝え方が1割の男」。

伝え方のポイントを押さえ、読んでいるだけで伝え方が上手くなるという、まさに学べる小説です。

普段小説を読まない方にも読んでほしい内容に。

IMGM6562

Photo:東山彰良さん

直木賞作家「東山彰良さん」

直木賞作家の最新作「恋する学園」は「ぴりから」でしか読めません!

福岡で育った東山さんならではの「福岡に住んでいないと書けない」圧倒的な文学作品です。

どんな方でも読んでみたいと思わせる「うぞうくん」「むぞうくん」「イケメンくん」「二番手くん」などユニークな登場人物がインパクト大。

小説女子旅、始めよう

小説を通して感じた福岡の魅力、スポット巡りなど実際に足を運んで体験してみましょう!

知れば知るほど!行けば行くほど!その魅力にハマってしまう、福岡。

空いた時間にスマホでWEB小説、いかがですか?

ウェブサイト  : http://pirikara.jp

イベントクレジット:福岡WEB小説「ぴりから」記者発表会


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。