大人女子のためのWebメディア
検索
2016年03月07日更新

​ 全女子必見!「ジブリヒロイン」に学ぶモテ学

131096483651113232044_kokuriko-02

出典:http://miha.at.webry.info/

ジブリの映画には、魅力的な女性キャラクターがいつも登場しています。背筋がピンとした美しいヒロインや、いつもはだらっとしていてもやるときはやるヒロインなど。性格もしぐさもセリフも、女子力アップのお手本になりそうな女の子たちをみてみましょう。

『天空の城ラピュタ』より~女の子っぽい一面と強い一面のギャップがかわいいシータ

100462_002
出典:http://matome.naver.jp/

飛行石を持つ少女シータ。その石を狙うムスカたちが彼女を捕えてしまいます。
バズーはドーラ一家と救出に向かうのですが、飛行石の力で動き出したロボットたちが暴れだし…。

おさげ髪をムスカに無理やり切られてしまったシータですが、ショートカットになったことで一段と彼女の強さが際立ちます。
いざとなると発揮する決断力と行動力がすごい!
バズーに「女だから・・」と言われたときに、「おばさまも女よ!」と戦いの中で笑って答えた彼女の余裕のかっこよさ!

そして、そのおばさま、マ・ドーラもとっても素敵な女性なんです。
口は悪くて厳しいけれどとても情が深くて、仲間やバズーとシータのことを本当に愛しています。
その胸に飛び込むシータの素直さもまた、彼女の魅力です。

100462_003
出典:http://matome.naver.jp/
ジブリの素敵な女性キャラで忘れてはいけない、ドーラ

『耳をすませば』より~感受性豊かで活発な少女・雫

100462_004
出典:https://kaumo.jp/topic/59348

中学3年の雫は、図書館で本を読むたびに図書カードに記されている同じ名前を見つけます。そして雫はその見知らぬ「天沢聖司」に興味を持つようになります。

月島雫は読書が大好きで、自分の考えをしっかりと持ち好奇心旺盛な女の子。
好きなことを一生懸命話す様子、歌う様子は嬉しくてたまらないという感じです。こんな女の子なら、きっと一緒にいるだけで楽しくなるはず。
学校の屋上で、聖司にイタリア行きを告げられて涙を我慢する様子にキュンとします。
ラストシーンで聖司のプロポーズに頷く雫もまたかわいいです。

『借りぐらしのアリエッティ』より~明るく物怖じしない小人の少女・アリエッティ

100462_005
出典:http://freeanimedougadesu.blog70.fc2.com/

小人の少女・アリエッティとその家族は、人間の男の子・翔が病気療養のため訪れた屋敷の下で暮らしています。小人たちは人間の暮らしの中から少しずつ物を「借り」、決してその姿を見せてはならないのです。
しかし、ある日アリエッティは翔に見つかってしまいます。

人間に存在を知られてしまったアリエッティは、それでもまた彼の部屋の窓辺へやってきます。
話す言葉は勝気ですが、顔は見せずに話す様子や彼の手に助けられた時のはっとした表情が女の子っぽくかわいいです。また、ラストで髪をおろすシーンではほろりときます。
家族のことにも、翔のことにも一生懸命な彼女を見ていると、思わず手助けしたくなってしまうかも。

『コクリコ坂から』より~生きることにも恋にも真面目でまっすぐな少女・海

100462_006
出典:http://haofu.blog.so-net.ne.jp/

軽快な歌と、コクリコ荘という下宿屋の朝の様子で始まります。
昭和30年代後半、横浜の高校が舞台。部室として使われている明治時代の建物「カルチェラタン」を取り壊すか否か。守ろうとする学生と解体しようとする大人たちの間で争いが始まりました。そんな中で、海と俊は出会います。しかし、二人は異母兄妹かもしれないという事実が浮上して…。

あらすじだけだとメロドラマっぽいですが、海はジブリのヒロインらしくしっかり者で凛とした女の子。ひょんなことから俊の手伝いをすることになりお互いに惹かれていきます。
「たとえ血がつながっていても、風間さんがずーっと好き。」と、俊の目をまっすぐ見て言う海。
その後、母の話を聞いて一気に気持ちがあふれて泣きじゃくる海。
どちらもストレートに自分の心をぶつけている海はとても魅力的です。

『風立ちぬ』より~どんなことでも受け止めてくれる芯の強い女性・菜穂子

100462_007
出典:http://world-action.net/

大正時代、飛行機の設計者を目指す二郎は関東大震災で人々が逃げ惑う中、少女・菜穂子と女中を助けます。その後、二郎は飛行機の開発に携わり、数年後再会した菜穂子と婚約をします。しかし、菜穂子は病に侵されていたのです。

菜穂子は資産家の令嬢であり、朗らかで前向きな女性です。夢を追いかける二郎を励まし、自分の命が残り少なくなった時に静かに姿を消しました。常に夫を支え、笑顔を絶やさず、美しい姿だけを夫に思い出として残した女性。「それはちょっと・・・」と言う人も多いかもしれませんが、映画の時代背景もあり一人のヒロインとして素敵な女性だったのではないでしょうか。

【関連記事】

ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

映画をきっかけに、「女の子の毎日をドキドキワクワクさせる」をコンセプトに、女の子が気になる情報満載のサイト「CinemaGene(シネマジーン)」です。最新映画のコラムや、最旬のイケメン出演情報、プレゼントなどお届けします!  Twitter:@cinemagene1 【おすすめ記事】 ・【今週のPickupイケメン】斎藤工さんに注目! 映画『四月は君の噓』宮園かをり役 広瀬すずちゃんインタビュー
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。