大人女子のためのWebメディア
検索

【プレゼント終了】『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』一般試写会にご招待

アカデミー賞®スタッフ&キャストが描く、衝撃の軍事サスペンス。

20161110_Eye-in-the-Sky

会議室から干渉する上層部と、指揮官キャサリンの強烈な正義感。

今、世界中で起こっている戦争は、遠く離れた会議室で行われている――。

ドローンが映し出す戦場は、“安全な”場所にいる全員のパソコンへリアルタイムで送られる。様々な関係者が干渉しながら戦争をする――

そんな、現代の戦争の闇を巧みに描き、何が正義かを突きつけ同時にモラルも問う衝撃の軍事サスペンス『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』が、2016年12月にTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーされます。

 

強烈な正義感をもって任務遂行を推し進める指揮官キャサリンを演じるのは、『クイーン』でアカデミー賞®主演女優賞を受賞したヘレン・ミレン、また共演には、大人気テレビドラマ「ブレイキング・バッド」で3度のエミー賞を受賞しオファーが殺到中のアーロン・ポール、『ハリー・ポッター』シリーズのアラン・リックマン。

監督は『ツォツイ』でアカデミー賞®外国語映画賞を受賞し、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』などを手掛けたギャヴィン・フッド、またプロデューサーは『英国王のスピーチ』でアカデミー賞®主演男優賞を受賞し、全米大ヒット作『キングスマン』に主演したコリン・ファースが務め、豪華アカデミー賞®キャスト&スタッフが集った衝撃の問題作です。

 

eye-in-the-sky

 

罪なき少女を犠牲にしてまでも、テロリストを攻撃するべきか?正義とモラルを問う強烈なラスト!

【STORY】ナイロビ上空6000mを飛ぶ空からの目<無人偵察機ドローン>を使い、イギリス軍の諜報機関のキャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のベンソン中将(アラン・リックマン)と協力して、英米合同軍事作戦を遠く離れたロンドンから指揮している。凶悪なテロリストたちが大規模な自爆テロを実行しようとしていることをつきとめ、アメリカ・ネバダ州の米軍基地にいるドローン・パイロットのスティーブ(アーロン・ポール)に攻撃の指令を出すが、殺傷圏内に幼い少女がいることがわかる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

 

公開を記念して、『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』一般試写会にGrapps読者のみなさまを抽選で5組10名様ご招待いたします。

 

12月23日(金・祝)全国ロードショー

 

監督:ギャヴィン・フッド/プロデューサー:コリン・ファース、デヴィッド・ランカスター

出演:ヘレン・ミレン、アーロン・ポール、アラン・リックマン
公式サイト:http://eyesky.jp/ ©eOne Films (EITS) Limited

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』一般試写会プレゼント

日程:2016 年 12 月 12 日(月)
時間:開場18:30/開映19:00
会場:日本消防会館 ニッショーホール(〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9番16号)

 

応募を終了しました。

たくさんのご応募ありがとうございました。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。