大人女子のためのWebメディア
検索
2020年03月16日更新

飲むだけが花見じゃない!【都内厳選】桜を楽しむ絶景花見スポット3選

飲むだけが花見じゃない!【都内厳選】桜を楽しむ絶景花見スポット3選

東京には桜の名所がたくさんあります。せっかくお花見に行くなら美しい桜を楽しみたいですね。東京の桜がきれいなスポットを3つご紹介します。

新宿御苑

明治39年に皇室のための庭園として開園した新宿御苑は、昭和24年に一般開放されるようになりました。明治時代に作られた風景式庭園は、日本を代表する桜の名所の一つです。新宿御苑は都内でもいち早く桜が見られるスポットといわれています。2月中旬頃から咲き始めるカンザクラを皮切りに4月が見頃のヤエザクラまで楽しめます。

 

都内のお花見スポットでも長い期間桜の花を見ることができます。ソメイヨシノが満開になる3月下旬から4月下旬までは春の特別開園期間になっており、無休で営業をします。4月中旬には、ライトアップも行われます。新宿御苑ではお酒の販売や飲酒は禁止されているので、純粋に桜の花を愛でることができます。新宿副都心のビル群をバッグに美しい桜を楽しんでください。

東京都庭園美術館

古い洋風の建築物が好きな人におすすめのお花見スポットが、白金にある東京都庭園美術館です。昭和8年に建てられた旧朝香宮邸は、アール・デコ調で国の重要文化財にも指定されています。戦後は、吉田茂首相の公邸や迎賓館としても使われた邸宅は、昭和58年に一般公開されるようになりました。庭園は東京都心部でありながら自然が多く、癒しのスポットになっています。

 

3月下旬から4月上旬にかけて庭園内のソメイヨシノが見頃になります。お花見の時期は、週末のみ夜間開放も行われます。旧朝香宮邸は、ライトアップされると幻想的な雰囲気になります。夜桜とともに洋風の建物が眺められます。東京都庭園美術館も庭園でゆっくりと桜の花を楽しみたい人にピッタリのスポットです。

明治神宮外苑

東京のお花見スポットで穴場的な場所が明治神宮外苑です。近くには、国立競技場、明治神宮球場、聖徳記念絵画館、秩父宮ラグビー場があります。JR信濃町駅から明治神宮球場までの歩道は、ソメイヨシノやシダレザクラ、ヤエザクラといった約380本の桜の木が植えられています。

 

桜の時期である3月下旬から4月中旬頃までは、歩道を散策する人も見かけます。特にJR信濃町駅の前の歩道橋は、桜が見える絶景スポットになっています。また、明治神宮球場の外野席も桜が見えるスポットとして有名です。野球観戦をしながらお花見が楽しめます。ナイターなら、夜桜も見られます。明治神宮外苑というとイチョウ並木がよく知られていますが、桜もきれいな場所です。渋谷や原宿からも徒歩圏内なので、東京観光のついでにお花見をするのもよいでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。