大人女子のためのWebメディア
検索
2020年03月15日更新

今年は日本の四季を楽しんじゃお!【全国版】桜が有名スポット5選

今年は日本の四季を楽しんじゃお!【全国版】桜が有名スポット5選

寒さが過ぎると春はもうすぐそこ、今年の春は日本の風物詩である桜をめいっぱい楽しんでみませんか?桜が有名な名所から、厳選して5か所をご紹介します。

吉野山の桜

約3万本にもなる桜が咲き誇る日本でも最大級の桜の名所です。本数も勿論圧巻の数なのですが、更に驚くべきはその種類の多さ。吉野山に咲く見事な桜達は総勢200種類以上にものぼり、4月の上旬から下旬にかけての一か月の間に山の裾から順に山頂に向けて山を桜色に染め上げていきます。吉野山は全体が大きく4つに分かれていて、それぞれの区分ごとに時期をずらしてお花見を楽しむことができるのです。

 

吉野宮近辺を「下千本」、如意輪寺(にょいりんじ)近辺を「中千本」、吉野水分(みまくり)神社近辺を「上千本」、西行庵近辺を「奥千本」と呼び、その時一番見頃なエリアを中心にお花見をする観光客が毎年数多くいます。また、吉野山にある有名な神社の一つとして吉水神社がありますが、その境内からは「一目千本」と呼ばれる中千本と上千本の桜を一望できるスポットもあって神社・仏閣巡りが好きな方は一緒にパワースポット巡りも楽しめます。

姫路城の桜

世界遺産でもあり白漆喰で塗り込められた白鷺城(はくろじょう)とも呼ばれる美しい姫路城を背に、約1000本もの桜が見られる姫路城でのお花見は日本人だけでなく外国の方にも大人気なスポットです。見頃は3月の下旬から4月の上旬ごろで、「日本の桜の名所100選」にも選ばれている姫路城のお花見では、城の堀から船に乗って桜の花見を楽しめる和船体験も催されています。

 

また、天守閣の正面の三の丸広場では姫路城観桜会が行われ、イベント用の舞台が設けられ琴や和太鼓の演奏、地酒販売などが行われでいます。夜には姫路城夜桜会という催しもあり、普段は入れない夜の「西の丸庭園」が無料で開放されるイベントまであるので昼間から夜まで楽しめるスポットになっています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。