大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • ココナッツミルクでヨーグルトを作ろう!市販のヨーグルト種菌を...

ココナッツミルクでヨーグルトを作ろう!市販のヨーグルト種菌を使ってチャレンジ♪

ココナッツミルクには、ダイエットや美容にうれしい作用がたっぷりなのをご存知でしたか?
今回は、「究極のアンチエイジング・スーパーフード」とも呼ばれるココナッツミルクと市販のヨーグルト種菌で、「ココナッツミルクヨーグルト」を作ってみました。

<目次>

究極のアンチエイジング・スーパーフード、ココナッツミルクとは?

究極のアンチエイジング・スーパーフード、ココナッツミルク
究極のアンチエイジング・スーパーフード、ココナッツミルク

ヤシの実の胚乳(はいにゅう)からとれるココナッツミルク

ココヤシの木に実るココナッツ(椰子の実)。成熟したココナッツの種子の内側にある固形胚乳からとれるのがココナッツミルクです。また、ココナッツミルクから油分を分離させたのがココナッツオイルとなります。

ココナッツの主な産地はインドネシア、フィリピンなど

ココナッツが実るココヤシの木は、赤道付近の熱帯地域、かつ、海岸地域で育ちます。ココナッツの主な産地は、インドネシア、フィリピン、インド、ブラジル、スリランカなどです。(※1)

ココナッツミルクに期待される効能とは?

ダイエットや美容にうれしい作用がたっぷりなココナッツミルク
ダイエットや美容にうれしい作用がたっぷりなココナッツミルク

ココナッツミルクに含まれる「中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)」

ココナッツミルクには、17%程度のココナッツオイルが含まれています。ココナッツオイルは「中鎖脂肪酸」という脂質でできており、一般的なサラダ油やオリーブオイルに含まれるオレイン酸やリノール酸は長鎖脂肪酸です。(※2)

ココナッツミルクの中鎖脂肪酸でダイエットサポート

中鎖脂肪酸の分子の長さは、長鎖脂肪酸の約半分。ココナッツミルクに含まれるココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、サラダ油やオリーブオイルの約4倍も早くエネルギーになるとされています。
中鎖脂肪酸は、肝臓で代謝されたのち、すぐにケトン体(脂肪を燃やして作り出されるエネルギー源)に分解されるため、効率よく脳や筋肉のエネルギーとして活用されます。このように、体に蓄積されにくいので、ダイエット中にこそ積極的に使うのもオススメです。(※3)

ココナッツミルクの中鎖脂肪酸などから生成される「ケトン体」でアンチエイジング

中鎖脂肪酸や脂肪燃焼から生成される「ケトン体」は、活性酸素除去作用を持つ抗酸化誘導物質でもあるため、アンチエイジング効果が期待できます。

ココナッツミルクの「ケトン体」で認知症対策

アルツハイマー病とは、脳の栄養であるブドウ糖をうまく使えない状況が引き起こす認知症のひとつです。ケトン体は脳の栄養としても働いてくれるため、認知症対策としても有効です。

ココナッツミルクの「ラウリン酸」で免疫力アップ

ココナッツミルクには、中鎖脂肪酸の一種である「ラウリン酸」が高濃度で含まれています。ラウリン酸は、人体に無害な抗菌物質として注目されるほか、腸内環境を整える作用もあると言われています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

「発酵ライフを楽しむ haccola(ハッコラ)」は発酵食品のある毎日を楽しむためのメディアです。健康・美容に役立つ発酵食品のレシピやニュース、おいしい発酵スポット情報をお届けします。英語版「Enjoy “hacco”life haccola」もあります。・発酵ライフを楽しむ haccola(ハッコラ):https://haccola.jp/・Enjoy “hacco”life haccola:https://haccola.jp/en/
  • Grapps
  • グルメ
  • ココナッツミルクでヨーグルトを作ろう!市販のヨーグルト種菌を...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。