大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • えっ、意外!身近にある食べてはいけない毒性のある食べ物
2015年09月24日更新

えっ、意外!身近にある食べてはいけない毒性のある食べ物

皆さんは「毒がある食べ物」と言われて何を思いつきますか。実は、普段たべている野菜や果物の中には毒性があるものがあるのです。少しの量でも幼いお子さんや老人の方は影響するので、注意する必要があります。皆さんも特にお子様には注意してあげてください。

皆さんは「毒がある食べ物」と言われて何を思いつきますか。実は、普段たべている野菜や果物の中には毒性があるものがあるのです。少しの量でも幼いお子さんや老人の方は影響するので、注意する必要があります。

 

あの身近な食べ物の種に実は「毒性」が…
mongione/Shutterstock.com
 
via mongione/Shutterstock.com
まずは、「サクランボ(チェリー)の種」。種自体は硬く、あまり中を割ってまで食べようとは思う人は少ないかもしれません。しかし、、種の中には微量ながら青酸カリが含まれているのです。誤って種を飲み込んだりしないように気を付けましょう。

続いて「リンゴの種」。あまりにも身近な果物ですが、りんごの種には実は毒性(アミグダリン)が含まれているので、多量に食べてしまうと健康障害や最悪の場合は死に至るケースもあるのです。特に、小さなお子さまにあげる時は必ず種は取り除きましょう。

そして、「桃の種」にも実は毒が含まれています。種の部分には青酸カリ(平均して88mg/1個あたり)が含まれているのです。誤って種を飲んだり、割って中身を食べたりしないように気を付けましょう。

 
まだまだある!身近な、毒性のある食べ物 
pickbiz/Shutterstock.com
 
via pickbiz/Shutterstock.com
よく茶碗蒸しに入っている「銀杏」。実は、これも食べた量やアレルギー体質によって、中毒症状が発症する場合があるのです!なんとわずか5,6個で発症する人がいるようで、特に5歳未満の小児に多く、これまで患者全体の7割以上が10歳未満の子供であることがわかっています。

よく梅酒や漬け込みなどで利用される「青梅」。これも一個20gに対して、およそ50mgの毒性物質(アミグダリン)が含まれています。しかし漬け込んだり熟成させることで、その毒性は中和して消えるとのことです。

そして忘れがちなのが「ウナギの血」。日本人にとってウナギはなじみの深い食べ物なのですが、ウナギの血は実は大量に飲んでしまうと下痢や嘔吐、呼吸困難や皮膚の発疹などの複数症状が起きる場合があります。しかし、加熱すればその毒性はなくなります。

 
え!この野菜も間違えて食べると危険だったなんて
Rose Carson/Shutterstock.com
 
via Rose Carson/Shutterstock.com
ミニトマトのヘタやその葉に、なんと毒性物質(トマチン)があるとのこと。少量であれば問題はないようですが、小さなお子様が誤って大量に食べたりしないように気をつけましょう。

ご家庭でもよく栽培されている「ナス」。麻婆茄子など一般家庭でも食べる機会が多い野菜ですが、実の部分以外はなんと全て「ソラニン」と呼ばれる毒性物質があるとのこと。しかも、根を通して近くの作物にも土から毒性を写してしまうこともあるので、栽培の際にも注意しましょう。

「ふきのとう、ふき」には、肝臓への毒性物質(ピロリジジンアルカロイド)が含まれているので、食べる場合にはしっかりとアク抜きしないと下痢や嘔吐、その他肝臓に関する悪い症状が出る恐れがあります。

 
身近に潜む危険
こんなに身近な食べ物に毒性があるものがあるなんて驚きました。いずれも多量に摂取したり、おもに含まれているのが種やヘタなどであったため少し安心しましたが、皆さんも特にお子様には注意してあげてください。

thumbnail pictures by Africa Studio/Shutterstock.com

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャスへ) ≫

【関連記事】

ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • えっ、意外!身近にある食べてはいけない毒性のある食べ物
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。