大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 冷蔵庫で冬眠してませんか? 万能調味料・ケチャップを効果的に...
2016年06月02日更新

冷蔵庫で冬眠してませんか? 万能調味料・ケチャップを効果的に使う方法。

子供も大人も、みんな大好き!トマトの旨味成分をギュギュッと凝縮させた調味料・ケチャップ。冷蔵庫の中に常備している人も多いと思います。しかし、取り出すタイミングといえば、オムライスやピザトーストをつくるときくらい。「どこにしまったっけ……?」と冷蔵庫の中を荒探ししているのではないでしょうか。ところがどっこい、ケチャップは毎日使わないともったいない! 実は驚くべき利便性と栄養価を兼ね備えているのです。NHKの朝番組でも特集された”ケチャップ”の魅力をご紹介しましょう。

DUSAN ZIDAR/Shutterstock.com
 
via DUSAN ZIDAR/Shutterstock.com

ケチャップで”ガン・動脈硬化”を予防!?

Romolo Tavani/Shutterstock.com
 
via Romolo Tavani/Shutterstock.com
マヨネーズの隣に常備される、ケチャップ。
栄養なさそうだし、太りそうだから……というイメージが強く、日常使いしている人は多くないとおもいます。しかし、それは大きな勘違い。ケチャップはとても栄養価が高いんです!

最も注目すべきは、”リコピン”という栄養素。
ケチャップの主原料であるトマトに多く含まれる、赤い色の色素=カロテノイドの一種です。ガンや動脈硬化の要因となる活性酸素を消す”抗酸化力”が極めて強く、そのほか、”喘息の改善”、”男性不妊改善”、”シミ・シワの予防”、”ダイエット効果”など、女性にも男性にも嬉しい効果を期待できます。「トマトを食べればいいんじゃないの……?」と思われるかもしれませんが、リコピンはトマトを加熱して細胞壁を壊したほうが摂取量が増えます。ケチャップは大量のトマトを加熱してギュギュッと凝縮した”塊”なので、効率的にリコピンを摂取できるというわけですね。

ケチャップの”旨味成分”は○○以上!?

Eugenegg/Shutterstock.com
 
via Eugenegg/Shutterstock.com
ケチャップには、旨味成分である”グルタミン酸”と”グアニル酸”の含有量が豊富です。
前者は昆布に含まれ、後者は椎茸などのきのこ類に多く含まれています。どちらも旨味たっぷりの”出汁”をとるために必要な成分ですが、ケチャップにはその両方が含まれているわけです。両者の相乗効果によって美味しさが引き立てられ、計算上では昆布出汁よりも旨味成分が多いのだとか。そのため、味噌汁や肉じゃがの隠し味として重宝している人もいるそうです。物は試しに、あなたも一度チャレンジしてはいかがでしょうか。

ケチャップを使ったオススメレシピ!

Yeko Photo Studio/Shutterstock.com
 
via Yeko Photo Studio/Shutterstock.com
オムライスやイタリアンに使うだけ……!
それでは、ケチャップの利点を全く活かしきれていません。リコピンを毎日摂取するためにも、普段使いを習慣化したいところ。そこで、トマトケチャップを使う”肉じゃが”のレシピをご紹介しましょう(HNK番組『あさイチ』を参考)。

材料:4人前
・豚肉(薄切):200g
・じゃがいも:3個
・玉ねぎ:1個
・和風だし:カップ2
・砂糖:大さじ2と1/2
・醤油:大さじ1と1/2
・ケチャップ:大さじ1と1/2
・サラダ油:大さじ1

作り方:
1.豚肉は3㎝にカット、玉ねぎはくし切り、じゃがいもは乱切りして水にさらす。
2.鍋に油をしいて豚肉を炒める。色が変わったら玉ねぎを加える。
3.火が通ったら和風だしを入れ、砂糖→ケチャップ→醤油の順に入れる。
4.軽く混ぜ合わせたらじゃがいもを入れる。
5.落し蓋をして、具材に火が通ったら完成。

ポイント:
作り方は、普段の肉じゃがの要領でOK。
少しだけ赤みがかかった肉じゃがが出来上がりますが、ケチャップの旨味成分がたっぷり。味に深みが増しています。は、醤油とケチャップの分量。”醤油:ケチャップ=1:1″の割合で使用しています。この黄金比はぜひとも覚えておきたいところ。醤油の部分を味噌に変えて、豚汁や鯖の味噌煮に使うこともできちゃいます。また、醤油や味噌を半量で済ませられるので、減塩効果も期待。まさに、一石二鳥の調理方法です!

5PH/Shutterstock.com
 
via 5PH/Shutterstock.com

まとめ:今日から始めよう、ケチャップ習慣!

ケチャップの主原料は、トマト以外に、玉ねぎ、にんにく、砂糖、酢、塩、スパイス。一般的に、保存料や着色料は一切使っていません。「不健康そうだな……」というイメージが先行しがちですが、実は見当違いなのです。まずは、お味噌汁に”小さじ1杯”のケチャップを隠し味に。トマトの旨味と栄養素をギュギュッと凝縮させたトマトケチャップ、ぜひ普段使いしてくださいね。

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 冷蔵庫で冬眠してませんか? 万能調味料・ケチャップを効果的に...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。