大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 生で食べることが多い葉物野菜は鮮度が命!選び方のポイント【葉...
2016年06月24日更新

生で食べることが多い葉物野菜は鮮度が命!選び方のポイント【葉物野菜3種】

お弁当や副菜など、濃い味付けの主菜の時は箸休めにもなる葉物野菜。生で食べることも多いので鮮度だけでなく、甘みのある野菜を選びたいですよね。スーパーでたくさん並んだ野菜の中から美味しい野菜を見つけましょう!

レタスは軽くてふわっとしたものがGOOD

Lu Mikhaylova/Shutterstok.com
 
via Lu Mikhaylova/Shutterstok.com
葉物野菜はできるだけズッシリとしたものを選ぶのが普通ですが、レタスは別。
レタスは萎れてくると重みを増すので、同じ大きさのものなら重いものは逆にNGです。
新鮮でシャキシャキとした食感の良さを求めるなら、葉にハリがありふわっとしたものを選びましょう。
また、小さいレタスは苦味が強いので、中玉以上を選びましょう。
半分にカットされているものなら判断しやすいですが、カット野菜の場合は難しいですよね。
葉が明るい黄緑色のものが新鮮です。
茶色や赤っぽく変色しているのは鮮度が落ちているのは分かりますが、緑色が濃いものも成長しすぎの証拠です。
選ぶときは注意しましょう。
保存するときは、芯をくりぬいて、濡らしたキッチンペーパーを詰めてラップや新聞紙で包み、冷蔵庫に入れましょう。

春と冬で選び方が違う!?美味しいキャベツの見極め方

Kawongwarin/Shutterstok.com
 
via Kawongwarin/Shutterstok.com
春キャベツはレタスのようにふわっとしたもの、冬キャベツはしっかりと葉が巻いてあるものが美味しいキャベツです。
水分をたっぷり含んだ、ずっしりと重い物を選びましょう。
外の葉が緑色で、切り口が茶色っぽく変色していないものが新鮮です。
葉は、濃い緑ではなく、鮮やかな緑色のものの方がえぐみがありません。
芯は500円玉サイズが理想。芯が太いものは葉が硬いことがあります。
半分などにカットされている場合は、芯が2/3ぐらいのものを選ぶと苦味が少ないですよ。
保存するときはレタスと同様にくりぬいた芯の部分にぬらしたキッチンペーパーを詰め、新聞紙に包んで冷蔵庫で保存します。

ほうれん草は美脚を選ぶべし!?

茎が太いほうれん草は成長しすぎている可能性があるので、茎は細く、短い物を選ぶのがポイントです。
根は赤く太いものが栄養価が高く美味しいもの。
茹でても煮崩れしにくい肉厚な葉を選ぶと食べごたえがあります。
鮮度を見るなら、葉に張りがあり、根っこが枯れていないか注意しましょう。
ほうれん草は、濃い緑より薄い緑色の方がえぐみが少ないので要チェックです。
保存するときは霧吹きなどで水をかけて新聞紙に包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫立てて入れます。
予め茹でておくときは、少し硬めにゆでることがポイントですよ。
JIANG HONGYAN/Shutterstok.com
 
via JIANG HONGYAN/Shutterstok.com
キャベツやレタスを保存するときは、外側の捨てる葉を使って包んでから新聞紙で巻くといいですよ。
成長しすぎた葉物野菜はえぐみや苦味が出てしまうので、緑色が濃ければ栄養があるとは限りません。
色々なポイントを重ね合わせたうえで選ぶようにしましょう。

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 生で食べることが多い葉物野菜は鮮度が命!選び方のポイント【葉...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。