大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 実はあまり知られていない?素材の美味しさが際立つ青系野菜の選...
2016年07月20日更新

実はあまり知られていない?素材の美味しさが際立つ青系野菜の選び方とは

アスパラやブロッコリー、アボカドは野菜そのものの味をダイレクトに感じるものだからこそ美味しい物を選びたいですよね。でも実際は、葉物野菜のように選び方に詳しいという人も少ないのでは?アスパラ、ブロッコリー、アボカドの選び方をご紹介します。

選び方が難しいアボカドを見分けるコツ

Dream79/Shutterstock.com
 
via Dream79/Shutterstock.com
半分にカットしてからようやく「熟しすぎていた!」「まだ早かった!」と気付くことが多いアボカド。
自分で選ぶのはちょっと苦手という人も多いのではないでしょうか。
まず、アボカドは買ったその日に調理するのか、少し経ってから調理するのかなど、「いつ使うか」もポイントになってきます。
熟したアボカドは濃い茶色から黒っぽい見た目になっています。
ヘタの周りを触った時にぐにゃっとするなら熟しすぎです。
指先で押した時に少し柔らかく、弾力があるものを選びますが、お店で選ぶときは潰してはいけませんよ。
熟したアボカドは傷むのも早いので気を付けましょう。
青いものを買って早く熟させたい場合は、バナナやリンゴなどと一緒に袋に入れておくと熟成が早まります。

意外と知られていない?アスパラ選びのポイント

Kati Molin/Shutterstock.com
 
via Kati Molin/Shutterstock.com
太くて鮮やかな緑色なら味が良いアスパラです。
太いほど柔らかくて甘みもあり、同じ長さでも重みのある方が水分お多いので新鮮です。
筆先のような形の先端は隙間がなく、きっちり詰まっており、ピンと張っているものを選びます。
茎に縦筋が入っているものは、まさに筋っぽさがあるので食べた時に硬く食感もよくありません。
アスパラの劣化は、穂先の付け根あたりから始まるので、ここが細くなっているものはあまり美味しくなく、筋っぽくなるので注意しましょう。
また、切り口が変色していないものを選びましょう。
アスパラを保存するときはラップで包んで、冷蔵庫で立てて入れましょう。

ブロッコリーを選ぶなら紫色のもの?

Elena Shashkina/Shutterstock.com
 
via Elena Shashkina/Shutterstock.com
ブロッコリーのツブツブは“蕾”なので、そのままにしておくと花が咲きます。
普通、ブロッコリーというと緑色ですが、美味しいブロッコリーはこの蕾の部分が少し紫がかった色になっています。太陽の光をたっぷり浴びているので、甘みも濃く、茹でれば鮮やかな緑色になりますよ。
蕾部分は隙間なく詰まって、盛り上がっている形が美味しい証拠です。
軸は500円玉ほどの大きさで、変色がなく、スが入っていない物を選びましょう。
保存するときはビニール袋に入れて冷蔵庫に入れておきましょう。
一度茹でてから保存すると、自然解凍ですぐに使えて便利です。
お弁当に緑色の野菜を入れたい時に活躍するブロッコリーは小分けにして冷凍しておけば、お弁当にそのまま入れて自然解凍でOKなので便利です。
選ぶときは、うっかり野菜を指で押し過ぎて潰してしまわないように力加減には気を付けてくださいね。

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 実はあまり知られていない?素材の美味しさが際立つ青系野菜の選...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。