大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 季節限定の味を我が家に!おうちでも、「冷やし中華はじめました...
2016年08月19日更新

季節限定の味を我が家に!おうちでも、「冷やし中華はじめました!」

夏ならではのメニューと言えば、かき氷とならんで冷やし中華が思い浮かぶのではないでしょうか。どこの飲食店のものも一見、見た目がほとんど同じですよね。でも、さまざまなお店で微妙に違うんです。夏の風物詩「冷やし中華」についてご案内します。

トッピングをきれいに見せる方法

冷やし中華といえば、みなさんご存知の通り、茹でた中華麺を冷水で冷やして、具材を彩りよく盛り付けたものです。トッピングする具材にはきゅうり、ハムかチャーシュー、錦糸卵は、絶対必要といってよいでしょう。これらの切り方はみな細切りが一般的ですね。冷やし中華を綺麗に盛り付けるコツとしてはそれぞれの具が混ざらないようにすることがあります。ごちゃごちゃせず、綺麗に盛り付けることが美味しく見えるコツでもあります。
冷やし中華

冷やし中華

定番のトッピング以外にもスイカやメロン、そして缶詰のフルーツをトッピングするとさらに彩も良くなりますね。
ボリュームが欲しいという方は、もやしをボイルしたものを麺の上にのせ、その上にきゅうりなどの具材をトッピングするとよいでしょう。
トマトのくし型切り

トマトのくし型切り

トマトはくし型切りにしましょう。
トマトは最初に縦半分に切ります。次に包丁をV字状に入れてへたをとります。その後、中央に包丁を入れ、等分に切り分けたものをくし型切りといいます。冷やし中華には2かけぐらいつけましょう。

全国で微妙に違う冷やし中華の呼び方

冷やし中華の呼び方、日本全国同じというわけでありません。全国的には冷やし中華という呼び方が多いようですが、地方によっては冷やしラーメン、冷麺と呼ぶところもあります。近畿地方では「冷麺」と呼びますが、韓国風のものは韓国式冷麺と呼ばれ区別されています。また、岩手県の盛岡でも冷麺が「盛岡冷麺」といわれ名物になっています。ちなみに韓国風冷麺は麺の質自体が大きく異なります。トッピングにはきゅうりなどの他にスイカや梨を使います。
韓国風冷麺

韓国風冷麺

しょうゆだれ?ゴマダレ?どっちにする?

冷やし中華のタレにはしょうゆ系のタレとゴマだれのいずれかをかけます。地方によって違うようですが、練りカラシや紅ショウガを添えたりしますね。東海地方と山形などではマヨネーズをつけるという風習があります。
しょうゆだれの場合、しょうゆ・酢・砂糖・ごま油・昆布だし・しょうが汁を混ぜ合わせて作ります。
ゴマダレの場合、鶏がらスープに、酢・しょうゆ・砂糖・ごま油を調合して作ります。鶏がらスープは市販のもので構いません。
混ぜ合わせる比率に関しては大まかには一般のレシピを参考にし、ご自身のお好みに仕上げるとよいでしょう。

中華風サラダもいかがでしょうか。

きゅうりやハムまたはチャーシューなど、冷やし中華の具材として用いられる千切りのものをしょうゆだれやゴマダレで和えると中華風のサラダとして食べることができます。お肉系はボイルした鶏肉でもよいでしょう。また、もやしやいりごまを混ぜると食感が豊かになるでしょう。冷やし中華のタレで和えてお召し上がりください。
いかがでしたか。夏の風物詩「冷やし中華」についてご案内しました。夏の季語としても用いられるこの「冷やし中華」季節を感じさせてくれる食べ物の一つです。

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 季節限定の味を我が家に!おうちでも、「冷やし中華はじめました...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。