大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 簡単ひと手間で冷蔵庫の中を片付けて使いやすい料理空間を作るコ...
2016年10月16日更新

簡単ひと手間で冷蔵庫の中を片付けて使いやすい料理空間を作るコツ

冷蔵庫の中は一度片付けても、気がつけばどこに何があるのか分からなくなってしまう…ということ、ありますよね。整理アイテムを買い揃えなくても、家にあるもので簡単に整理できてお料理の時に冷蔵庫が使いやすくなるちょっとした整頓のコツをご紹介します。

こんなところにあった!を防ぐ簡単な方法

Anna Omelchenko/Shutterstock.com
 
via Anna Omelchenko/Shutterstock.com
チーズやベーコン、ハムなど、何かの拍子に一度奥に入ってしまうと隠れてしまうものや、つい上に重ねてしまったりすると、いざ使おうと思っても見つけられないことはありませんか?
そんな時に活用したいのが“ドアポケット”です。

加工肉やチーズをドアポケットに立てておけば飲み物を取り出すときに目に入りやすいのと、賞味期限が来る前に使い切ることができるようになります。
パスタソースや、使いかけの調味料などを立てておくのもいいですね。
なるべく賞味期限が近い食品を入れておくようにするのがコツです。

家にあるものを使って「もったいない」をなくす魔法

ThamKC/Shutterstock.com
 
via ThamKC/Shutterstock.com
瓶やタッパーに入れるときは、マスキングテープなどに日付を書いて容器に貼っておくと、いつ何を作ったのか分かりやすくなります。

ご飯やソースなどを冷凍して保存するときは、ファイル立てやCDケースなど、家であまっているケースを使って“立てて収納”するのがポイントです。他の食材の下敷きになって、忘れていた、いつのまにか食材が傷んでしまう“もったいない!”がなくなります。

立てて収納する場合は、書類などを挟むダブルクリップで止めてみましょう。クリップの上面にマステを貼って、何を作ったのか、いつ作ったのかなどをメモしておけば、取り出さなくても一目瞭然ですよ。

一番困る「使いかけの食材」を収納するヒント

John Kasawa/Shutterstock.com
 
via John Kasawa/Shutterstock.com
半分だけ使って余った食材などを保存するのが一番困りますよね。
そんな時は、使いかけの食材だけを収納するケースに入れておきましょう。天かすや乾燥エビなどの食材だけでなく、野菜なども同じです。

野菜ならラップをして透明の密閉容器などにまとめて入れておくと分かりやすいですね。
マスタードやニンニクなど、冷蔵庫で保管する調味料なども、取っ手付きのトレーや容器などにひとまとめにしておけば、一度に全部取り出せて、そのまま台所に出して使うことができます。使い終わった調味料はまたそのまま収納できるので、使うたびに整理をする必要がないので便利です。

身近なもので整頓上手

お弁当についてきたソースやワサビなどの収納には、食べ終わった後のプリンなどの可愛い空き容器に入れてひとまとめにしてドアポケットに入れておくと分かりやすくなります。
ダブルクリップとS字フックを組み合わせてチューブ類はドアポケットにひっかけて収納するという手もあります。
新たに収納グッズを買いたすのではなく、家にあるものを使って上手に工夫して整頓してみましょう。

thumbnail pictures by Volt Collection /Shutterstock.com

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 簡単ひと手間で冷蔵庫の中を片付けて使いやすい料理空間を作るコ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。