大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 汗や食べ物をはじめ、時間の経ったシミなど、汚れの種類で変わる...
2016年11月17日更新

汗や食べ物をはじめ、時間の経ったシミなど、汚れの種類で変わるシミ抜きのコツ

毎日着ていくワイシャツの黄ばみ、汗ジミ、子供の食べこぼし、着替える際のファンデーション汚れなどなど、シミには色々な種類がありますよね。一般的に多い食べ物、化粧品の油分などの原因別にシミ抜きのコツをご紹介します。

基本のシミ抜きは“水で叩いて落とす”

Levent Konuk/Shutterstock.com
 
via Levent Konuk/Shutterstock.com
水に溶けやすい液体のシミは“水”を使って落とすのが基本です。
洗剤を使うときは、洋服のタグに記載されている種類の洗剤を選びます。
シミ抜きは基本の手順で行えば大体落ちますので、覚えておくと便利です。

【基本の手順】
1)乾いたタオルを用意して4つ折りにして、シミのついた面の裏にあてます。
2)水をつけた歯ブラシやスポンジで、“シミの周り”から中心に向かってトントンと叩きます。
汚れを下の布に落としていくイメージで叩きましょう。
3)タオルに汚れが落ちたら、すこし場所を変えて、タオルにシミがつかなくなるまで繰り返して落とします。

【ポイント】
それでも落ちない場合は洗濯用洗剤を少し歯ブラシにつけて叩いて落とします。
洗剤を使って落とした場合は、水で叩いてすすぎ、輪ジミができないように周りをぼかしながら乾かしましょう。
ある程度シミが落ちたらそのまま洗濯機に入れて洗濯してOKです。

やってはいけないシミ抜きの注意

benjamas11/Shutterstock.com
 
via benjamas11/Shutterstock.com
【お湯を使う】
お湯を使えば落ちやすくなるシミもあるので誤解されがちですが、血液や牛乳、母乳など“タンパク質”を含んだものが衣類についてしまった場合、お湯で洗うのは絶対NG!
タンパク質は温度が高くなると固まる性質があるので、逆にシミが落ちなくなってしまうので注意してください。

【洗剤を直接つける】
少し大きなシミの場合、洗剤を直接衣類に垂らした方が楽だと思いますが、実はこれもNG。
例えば円形にできたシミに洗剤を垂らすと、汚れは中心から外側へ向かっていってしまいます。
シミの範囲が広がってしまうので、歯ブラシに洗剤を付けて周りから中心に向かって少しずつ落とした方が効率が良いですよ。

意外と身近にあるシミ抜きの最終兵器

Tinatin/Shutterstock.com
 
via Tinatin/Shutterstock.com
漂白剤を使っても大丈夫な衣類であれば、「漂白剤+熱湯の入ったマグカップ」で簡単に落とすことができます。
漂白剤は温めると洗浄効果がアップするので、汚れが落ちやすくなります。
アイロンのスチーム機能を使ってもいいですね。

ミートソースやファンデーションなどの油汚れにはクレンジングオイルで落とすことができます。
オイルタイプのメイク落しを使うと、オイルとシミの油分が結合して落ちやすくなります。
シミにクレンジングオイルを馴染ませて、熱湯の入ったマグカップ(またはアイロンスチームの蒸気)を当てて汚れを浮かし、外側から中心に向かって歯ブラシで汚れを叩き落とした後、水で叩いてすすぎ落とします。

重曹とお酢を「3対2」の割合で混ぜてペーストを作り、シャツの襟袖汚れを落とすこともできますが、クレンジングオイルを使って落とすこともできます。
シェービングクリームも使えますよ。

シミ抜きにどの最終兵器を使うか迷った時は、「化粧品でついた汚れは化粧品」、「食べ物でついた汚れは食器用洗剤」で落とすことができると覚えておくといいですね。
ただし、洗剤を使うときはタグや色落ちしないかなど、素材によっては最終兵器のはずのオイルでシミになってしまう場合もあるので、必ず洗濯表示などの素材チェックをしましょう。

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 汗や食べ物をはじめ、時間の経ったシミなど、汚れの種類で変わる...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。