大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • マヨネーズに対する偏見がなくなる!? みんなの誤解とハッピー...
2016年12月05日更新

マヨネーズに対する偏見がなくなる!? みんなの誤解とハッピーな真実

「マヨネーズは太ります!」「コレステロールが高い人はマヨネーズを避けましょう!」できるだけ健康に気遣いたいという思いから、なんとなく鵜呑みにしていた「マヨネーズは身体に悪い」というイメージ。調べてみると、思い込みや誤解がたくさんありました!

マヨネーズのコレステロールは気にしない!

Andrey Starostin/Shutterstock
人が生きていくうえで必要なコレステロールの摂取量はご存知ですか?コレステロールは身体に良くないというイメージがありながら、あまり意識したことがないのではないでしょうか。人が1日に摂取したいコレステロールは、およそ1000~2000mgです。

マヨネーズを1回の食事で大さじ1杯程度(約15g)使ったとしても、たったの23mg程度。1日で必要なコレステロール摂取量からみると、そう多くはないのです。しかも、1日15gのマヨネーズを12週間毎日摂取した場合の実験結果では、不思議なことに、マヨネーズを摂取する前と後では、血中コレステロール値が低下!「マヨネーズでコレステロール値が高くなる」は誤解だったんですね。

マヨネーズと野菜が好相性な理由とは

Anetlanda/Shutterstock
野菜スティックにしてもよし、油の代わりにフライパンにひいて炒めるもよし、ドレッシングにしてもよし、意外と万能に使えるマヨネーズですが、たくさんある野菜の中で特に相性の良い野菜があります。それは、ベータカロテンをはじめ、一般的に「脂溶性栄養素」というものを含んだ野菜です。油と一緒に食べることで栄養素の吸収率が上がるのが特徴で、人参などがその代表格です。

最近の研究によると、「卵黄タイプ」のマヨネーズと人参を一緒に食べると、生食や植物性油と一緒に食べるより格段にベータカロテンの吸収量がアップしているという結果も!もちろん個人差はあると思います。でも、生はもちろん、炒めるにしても、マヨネーズを使ったほうが栄養の吸収率をアップさせてくれるのかもしれませんね。

まだまだあったマヨネーズに対する誤解と偏見

Alexey Lobanov/Shutterstock
マヨネーズは塩分が高いというイメージはありませんか?

確かに味が濃いと少ししょっぱいような気がしますが、大さじ1杯に含まれている塩分はわずか0.3g程度なのです。レシピによく書かれている「塩少々」は0.5g程度なので、その量は気にするまでもなさそうですよね。それどころか、塩分をカットしたいなら、塩少々を振るより大さじ1杯のマヨネーズを使ったほうが良いということになります。

また、主原料は卵、油、酢、塩がほとんどで、砂糖を使っていないので糖質が少ない調味料の一つでもあります。もちろん食べ過ぎるのはNGですが、ダイエットだからとマヨネーズをまったく食べない生活より、1日大さじ1杯程度のマヨネーズでガツンと味の濃い料理を作り、食事に満足感を加えた方が良いかもしれませんね。

マヨネーズは作りたてよりも、製造後2~3週間経った頃の方が美味しくなるといわれています。全体の味が馴染んで、うまみ成分であるアミノ酸が半年かけてアップしていくのです。買ってすぐに使うなら、製造年月日をチェックしてみましょう♪

thumbnail picture by KucherAV/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • マヨネーズに対する偏見がなくなる!? みんなの誤解とハッピー...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。