大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • アジアの麺料理を食べ尽くす!これだけは押さえておきたい絶品『...
2016年12月06日更新

アジアの麺料理を食べ尽くす!これだけは押さえておきたい絶品『麺』3種類

アジア圏のグルメと言えば、麺料理。中国・台湾・韓国など、国によっていろいろな麺があります。これだけは外せない、というおすすめの絶品麺3種類を見てみましょう。

モチモチ食感!中国秘伝の刀削麺にチャレンジ

刀削麺とは、西安地方に伝わる秘伝のメニュー。刀のような包丁で生地を削って鍋に入れ、モチモチ食感の麺にします。うどんともラーメンとも違う独特の麺は病み付き。ラーメンのようにスープに入れて食べる他、肉餡・黒酢と絡めるアレンジもあります。本場で食べる「麻辣刀削麺」は真っ赤な色。食べていると汗が吹き出てくるので、ハンカチの準備が必須です。激辛なのになぜかおいしい独特の味はベテラン料理人だからできる技。辛いもの好きなら、ぜひ試してほしい一品です。

韓国のソウルフードと言えばジャージャー麺

韓国に行ったら食べたいのがチャジャンミョン。豚肉・竹の子・しいたけ・ニンニクなどを細かく刻んで黒味噌に絡めたソースがかかっています。日本語表記だと、ジャージャー麺。麺とお肉がよくからむように、お箸でかき混ぜながら食べ進めます。街角にあるお店だと、酢・高菜・ラー油などがおいてあります。ある程度食べた後に好きなものを入れると、また違った味わいになります。韓国には「ブラックデー」と呼ばれる文化があります。バレンタインにチョコレートをもらえなかった人が、真っ黒の食べ物を食べる恒例行事。この日に現地でジャージャー麺を食べていると「寂しい人」と思われること必至です。カップルで韓国旅行に行く時には、気をつけて頂ければと思います。

迫力満点!大きなお肉がゴロリと入る牛肉麺

台湾でぜひ食べてほしいのが、お肉たっぷりの牛肉麺。ラー油がたっぷり入ったスパイシーな味付けの他、牛骨お出汁の味を活かしたスープもあります。麺の上には、大きなお肉がゴロリとのって大迫力。シャキシャキとした空芯菜をトッピングしているお店もあります。牛骨ベースのスープは、日本ではなかなかない味。複雑な旨味があるのに、さっぱりとした後味です。ジューシーなお肉と一緒に食べるとちょうどいいバランス。トッピングに、高菜をかけて頂きます。現地の人で賑わっているお店が本場の味。小さい店構えに気後れしないで、どうどうと突入しましょう。
中国・韓国・台湾ならLCCですぐ行けます。週末グルメ旅行に出かけるOLさんも増えつつあるとのこと。国内旅行に出かけるくらいの感覚で、気軽に行けるようになりました。現地の食堂に入ると、おいしそうな麺がたくさん。一日の中で何杯の麺を食べられるか、挑戦するのも楽しみです。知れば知るほど楽しいアジア圏の食文化。ガイドブック片手の気ままなグルメ旅行に出かけてみましょう。

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • アジアの麺料理を食べ尽くす!これだけは押さえておきたい絶品『...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。