大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 秋田名物「きりたんぽ」発祥は男鹿、本場は大館?たんぽって何?...
2016年12月20日更新

秋田名物「きりたんぽ」発祥は男鹿、本場は大館?たんぽって何?きりたんぽの豆知識

秋田名物といえば多くの人が「きりたんぽ」と答えると思います。今、あなたがイメージしている「きりたんぽ」、本当は「たんぽ」かもしれません。では、きりたんぽって一体何?どういう意味なんでしょうか?

「きりたんぽ」はもともと「たんぽ」だった

haru/Shutterstock
「きりたんぽ」といえば、棒につぶしたお米を巻きつけて焼いたものですよね。でも、本当はその形状のものは「たんぽ」と呼ぶそうです。元々、「たんぽ」は槍の刃をカバーする物。その形と、秋田杉の棒に半分潰したご飯を巻きつけたものが似ていることから「たんぽ」と呼ばれるようになったと伝えられています。これを鍋などに入れるときに、切って入れたものを「きりたんぽ(切りたんぽ)」と呼ぶのです。

ちなみに、潰したごはんを棒に巻いたりせず、ただ団子状に丸めたものは「だまこもち」と呼び、このだまこもちがきりたんぽの原型になったのではないかという説もあります。ちなみに、地元の人でも味噌を付けた「味噌たんぽ」あまり主流ではありません。きりたんぽは、あくまでも鍋として食べることが多いようです。

実はこだわり過ぎ?きりたんぽ鍋の作り方

cocone/Shutterstock
本場のきりたんぽは新米を使うものだ!あきたこまちを使うのが本物だ!という人も多いと思います。でも、もともとはマタギ(猟師)料理で、保存食、携帯食だったといわれているのが「たんぽ」のはじまり。少し硬くなってしまったたんぽを鍋に入れて柔らかくして食べたといわれています。つまり、新米でなくても、あきたこまちでなくても、たんぽだといえるのです。

また、きりたんぽ鍋の作り方として、比内地鶏を使った醤油ベースの鍋というイメージがあると思います。でも、きりたんぽ鍋は家庭料理なので、その家庭ごとの味付け、具材にこだわりがあるので、何が正しくてどれが間違っているなどという定義は特にないのです。

きりたんぽは北部でしかメジャーじゃなかった?

deeepblue/Shutterstock
きりたんぽは秋田県の名物として、今ではその知名度も全国区になりましたが、厳密にいうと「秋田県北部」の郷土料理です。秋田県は縦長の地形で、北部と南部では習慣や方言にも違いがあります。あの「なまはげ」も、県北部に伝わる風習なので、県南に位置する横手市や湯沢市などではあまり見ることはありませんでした。きりたんぽも、「秋田名物」として全国的に有名になってから県南部にも普及したものであることはあまり知られていなかったのです。
秋田県は縦長なだけでなく、海側と山側でも習慣や風習が異なるので、全国区で有名になってから知ることも少なくありません。そのため、秋田県に行けばその土地ごとに美味しいもの、面白い発見があります。その違い、是非体験しに行ってみてください!

thumbnail picture by bonchan/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 秋田名物「きりたんぽ」発祥は男鹿、本場は大館?たんぽって何?...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。