大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • この3種類は外せない!メキシコ屋台で食べたいタコス具材バリエ...
2017年01月07日更新

この3種類は外せない!メキシコ屋台で食べたいタコス具材バリエーション

メキシコグルメを語るなら、まずタコス。お手頃価格で食べ歩きできる人気の屋台メニューです。数ある具材の中から「これは食べておきたい」という3種類をピックアップして紹介します。

パストール+パイナップルがスタンダード

 
大きなお肉の塊を切り落として食べるパストール。ケパブのようなスタイルで焼かれたお肉を注文ごとに削ぎ落とし、タコスミートを作ってくれます。大体の屋台で、マリネやキュウリが置いてあります。好みにあわせて、一緒に入れてもらいましょう。パストールと相性抜群な具材は、パイナップル。ジューシーな豚肉・フルーツや生野菜とのコラボがクセになります。お肉の味付けがお店によって異なるため、食べ比べするのも楽しみのひとつ。何件かはしごして、お気に入りの味を探します。日本円で30円も出せばおいしいタコスが食べられます。現地民で賑わっている屋台を見つけたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

スパイシーなメキシカンチョリソーソーセージ

 
チョリソーソーセージをみじん切りにすると、タコスの具材に活用できます。パストールと同じように油でいためてタコミートにするスタイルです。ややクセがありますが、独特の風味の虜になる人も多いよう。カリカリにいためたチョリソー・パクチー・セロリなどを一緒に食べるのが現地流です。トッピングのお野菜や他のお肉を同じ鉄板で焼いているお店は、現地民向け。見た目に圧倒されますが、本場の味を楽しみたいなら外せません。ちなみに、チョリソーの赤はパプリカです。激辛というわけではないので、辛いものが苦手な方も安心ください。

海沿いの街で食べるシーフードタコスは絶品

 
海沿いの街に行くと、シーフードタコスが売っています。タコ・白身魚・エビなど、いろいろなバリエーションがあります。しっかりと味付けされた魚介類とシャキシャキレタスのコラボは絶品。食べやすいマヨネーズソースが、日本人の舌に合います。変わり種をあげるなら、イカスミのタコス。真っ黒な外観に驚きますが、クセになる美味しさです。ぜひ食べたいのは、白身魚のフライのタコス。サルサソースではなく、マヨネーズベースの味付けです。海老フライのタコスは、間違いないおいしさ。レモンやライムをしぼって、さっぱりと頂きましょう。
おいしい屋台は、現地の人で賑わっています。回転率が良い屋台のお肉はジューシー。焼き過ぎてぱさぱさになることがなく、ベストの状態で食べられます。タコスは、注文して1分くらいで出来上がるファーストフード。お肉・野菜がバランスよく入って、栄養面もばっちりです。メキシコに旅行に行った際には、ぜひチャレンジしてみてください。

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • この3種類は外せない!メキシコ屋台で食べたいタコス具材バリエ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。