大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • これで迷わない!いもを種類ごとに使いこなすための「いもの種類...
2017年02月01日更新

これで迷わない!いもを種類ごとに使いこなすための「いもの種類」とメニューまとめ

「ポテトサラダを作るときは男爵とメークインどっちがいいんだっけ?」覚えているつもりでも、どの品種が何の料理に向いているのか、ついつい忘れてしまいますよね。毎日キッチンに立つ人は是非覚えておいてくださいね♪

代表的な品種の特徴と最適メニュー!

Potatoes May Queen Stock Photo 485260630 : Shutterstock
 
●男爵・・・「ポテトサラダ、コロッケ、マッシュポテト」ほくっとした食感で、加熱した後に潰す料理にピッタリです。

●メークイン・・・「煮物、炒め物」煮崩れしないので、煮ても炒めても大丈夫です。じゃがいもは大きく分けて男爵とメークインの2つが主に使われるので、「クイーンたるもの煮崩れしない!」と覚えておくと忘れません。

●キタアカリ・・・「ポタージュ、味噌汁、炒め物」皮をむくと黄色く、甘みが強いキタアカリも煮崩れしやすいタイプ。加熱時間は短めにするのがポイントです。

●新じゃがいも・・・「フライドポテト、素揚げ、じゃがバター」春になると出てくる「新じゃが」は、小粒で皮が薄いので、皮のまま調理してもOK。素材の味を楽しみましょう。

関東代表「紅あずま」vs関西代表「鳴門金時」

Sweet Potato At Farm On Hand Stock Photo 498278797 : Shutterstock
 
●紅あずま・・・「焼き芋、お菓子、てんぷら」甘みが強くて繊維質が少なめなので、スイートポテトなどのお菓子作りにも使えます。

●鳴門金時・・・「焼き芋、てんぷら、大学芋、サラダ」上品な甘さなので、おかずの材料としても使いやすい品種です。

●パープルスイートロード・・・「スープ、サラダ、お菓子」紫芋の一種。綺麗な色を生かして、色んな料理に彩りを与えてくれます。

●安納芋・・・「焼き芋」加熱すると甘みが強くなり、ねっとりとした口当たりになります。

里芋も使い分ければ美味しさ格別!

Closeup Of Taro On White Background  Stock Photo 507604702 : Shutterstock
 
●土垂(どだれ)・・・「煮物、おでん、汁物」スーパーなどでも一般的に売っている品種です。ぬめりが強く、煮崩れしないので、しっかり煮込んでも大丈夫です。

●石川早生・・・「きぬかつぎ」一年中出回っている里芋ですが、石川早生は8月頃から収穫される子芋用の極早生種。柔らかくて粘りがあります。きぬかつぎは、皮付きのまま蒸して、食べるときは皮をむいてそのまま食べます。塩を少しつけて食べても美味しいですよ。

●八ツ頭・・・「おせち料理」親芋と子芋がほとんど分球せずに一塊になっているのが特徴です。形状的に切りにくくはありますが、子孫繁栄の縁起物としてお正月料理に使われます。

意外にも、里芋にも多くの品種があったんですね。ほかにも、里芋の葉柄を柔らかく育てた「芋茎(ずいき)」も料理に使われます。ずいきを乾燥させたものが「いもがら」となります。乾物屋さんなどで見かけたことがあるかもしれませんね。いもがらは、水で戻してからお味噌汁に入れても美味しくいただけます。

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • これで迷わない!いもを種類ごとに使いこなすための「いもの種類...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。