大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • ンスナバーって何!?沖縄特有の食材、うちなんちゅだけが知って...
2017年03月05日更新

ンスナバーって何!?沖縄特有の食材、うちなんちゅだけが知っている謎の食べ物とは

沖縄の食材で今や有名になったものには、ゴーヤーや島らっきょうなどがありますよね。でも、独特の方言で呼ばれている食材も数多く、本土の人間にとっては「それは一体なに?」と思うものもあります。そんなウチナーだけが知っている沖縄野菜をご紹介します。

沖縄では果物じゃない「パパヤ」

Idiaphoto/Shutterstock
 
語感から、なんとなくイメージができるかもしれませんが、パパヤはパパイヤのことです。アジア系の料理では時々みかける、熟す前の青いパパイヤは沖縄でも食べられており、宮古では「マンジュウギ」 、石垣では「 マンジュイ」と呼ばれています。

葉野菜が少なくなる暑い夏に食べられる貴重な野菜の一つとして重宝されており、母乳が出やすくなるということから、産後のお母さんたちを中心に、よく食べられているんですね。もちろん果物としても食べられています。パパイヤには、「パパイン」というタンパク質分解酵素が含まれているので、ダイエットにも効果的。サラダやチャンプルーなどにして食べられています。ビタミンAやカリウムも含んでいるので、汗をたくさんかく暑い地方の人たちにとっては栄養補給にもなっているんですね。

しりとりで負け知らず「ンスナバー」

Kanjanee Chaisin/Shutterstock
 
名前を聞いただけでは全く想像できない野菜、ンスナバー。本土では「ふだん草」や「アイデル」と呼ばれている葉野菜です。あまり耳馴染みのない野菜ですが、見た目はほうれん草や小松菜のような形をしています。

元々は南ヨーロッパで作られていた野菜で、アイデルという名前も和名では「西洋ふだん草」と呼びます。ふだん草は緑色ですが、アイデルは赤やオレンジの茎が特徴的です。ふだん草は生命力が強い野菜で、絶えることなく葉をつけることから「不断草(ふだんそう)」と呼ばれるようになったと言われています。葉は柔らかくて肉厚で、茎はシャキシャキとした食感。炒めものにしたり、スープにいれたりして味わうことが多い野菜で、ほうれん草や小松菜と同じような感じですね。ただ、あくが強いので加熱をしたりあく抜きをしたりしてから使います。

沖縄三大島野菜?チデークニ、デークニ、ラッチョウ

sunabesyou/Shutterstock
 
沖縄には、「島」とつく野菜がいくつかあるのですが、なかでも島大根(デークニ)、島人参(チデークニ)、島ラッキョウ(ラッチョウ)は知っている人も多いと思います。大根はデークニと呼ばれ、かぶのような見た目で小ぶりです。人参は細長く、ごぼうのような見た目で、黄色い大根を意味するチデークニと呼ばれています。

沖縄料理屋さんに行っても大体カットされているので、生の状態を目にすることはないと思いますが、島ラッキョウは別ですよね。天ぷらや浅漬けにしても香りがよく、シャキシャキとして本土で食べるものよりもラッキョウの味がギュッと爽やかに詰まっているイメージです。いずれも沖縄で栽培されている野菜で、本土で目にする野菜とは違うので、見た目だけでなく味の違いを楽しんでみましょう。
沖縄だけで食べられている食材はまだまだあり、野菜だけでもかなりの種類が挙げられます。フルーツや海藻だけでなく、調味料に至るまで沖縄特有の物はたくさんあるので、旅行に出かけた際はお土産にもおすすめです。


thumbnail picture by K. Arjana/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • ンスナバーって何!?沖縄特有の食材、うちなんちゅだけが知って...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。