大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • ついに今年も花粉が襲ってくる…!掃除の仕方、徹底掃除ポイント...
2017年03月10日更新

ついに今年も花粉が襲ってくる…!掃除の仕方、徹底掃除ポイントをおさらいしよう

「今年の花粉の飛散量は…」とニュースで目にする季節、既に花粉の気配を感じている敏感な目鼻のセンサーをお持ちの皆さんにとっては憂鬱なシーズンの到来です。花粉が襲ってくるなら徹底的な部屋掃除で花粉と距離を置きましょう!

花粉の飛散が少ないタイミングがチャンス!

leungchopan/Shutterstock
 
朝起きてクシャミがとまらない!というモーニングアタックに困っている花粉症の人は多いと思います。それは人間があまり動かない時間帯に空気中の花粉が床に落ちたのを風圧で舞い上げてしまうことが原因です。

例えば、バサっと布団をめくったとき、床に足を下ろしただけでも床に落ちていた花粉はふわっと舞い上がってしまうことがあります。ハンディクリーナーなどをセットして枕元に置いておき、誰かが歩き回って花粉を空中に舞い戻さないためにも、朝起きたらそっと布団から抜け出して床を拭いていきましょう。朝掃除が難しい人は帰宅時すぐ掃除もOK。花粉が全部下に落ちたであろうタイミングを見計らってそ~っと拭き掃除するだけでだいぶ違います。

掃除機をかけるときは空気清浄機も起動させる

perfectlab/Shutterstock
 
掃除機の排気が床に落ちていた花粉を空中に舞い上げてしまうことがあります。ハタキやホウキを使うのも避けた方が無難です。掃除中の換気ができないので、花粉症が酷い人にとって空気清浄機の使用はもはやマスト。フローリングはウェットタイプのワイパーなどを使って花粉を除去し、カーペットや絨毯は掃除機を使い、空気清浄機も一緒に使うのがベターです。

ソファの隙間や、衣類を脱ぎ着するトイレ、脱衣所もしっかり拭き掃除をしておきましょう。トイレにいても花粉を感じるようであれば、マット類を置くのをやめて、スリッパだけにすると拭き掃除がしやすくなるので、キッチンマットを含めたマット類の見直しも花粉対策の一つです。

換気のタイミングとホコリが溜まりやすい場所

Lolostock/Shutterstock
 
いくら花粉対策とはいえ、全く換気をしないのも健康に悪いのも事実。花粉だけでなく、ハウスダストもアレルギーの原因になります。雨が降った後や、夜露で道路が湿っている深夜、花粉が飛散する前の早朝がチャンスタイム!風邪が強くなければ、この時間帯を狙って空気を入れ替えましょう。

換気扇を回す場合はフィルターを付けて対策。空気が回ることで家の中にあるホコリや花粉も動いて、部屋の角や静電気の発生する電気コード、テレビ裏などに入り込みます。これもまた花粉やハウスダストが影をひそめるポイントになっています。少し手間でも配線類はできるだけまとめて掃除しやすいようにしておきましょう。
掃除をする時は、とにかく花粉を入れない、広げないが鉄則!朝からそ~っと動きながら床掃除をするなんて面倒…と思うかもしれませんが、モーニングアタックの辛さを考えたらやらない手はありません。ちょっと試してみる価値はアリです。


thumbnail picture by Estrada Anton/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • ついに今年も花粉が襲ってくる…!掃除の仕方、徹底掃除ポイント...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。