大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 食べるのがもったいない!キウイのレアチーズタルト
2017年03月29日更新

食べるのがもったいない!キウイのレアチーズタルト

【動画】今回ご紹介するのは、今が旬のキウイフルーツを使ったレアチーズタルトです。生のキウイフルーツにはゼラチンが固まるのを邪魔してしまう酵素が含まれていますが、ジャムのようにすることで解決!鮮やかな緑色で見た目も美しいので、ぜひお茶会などで作ってみてくださいね♪

鮮やかな緑色が美しい♡

 
ゼラチンの代わりにマシュマロを使ったレアチーズタルト。旬のキウイフルーツをレアチーズに混ぜ込んで、爽やかな味わいに仕上げました。生のキウイフルーツにはゼラチンが固まるのを邪魔してしまう酵素が含まれているのですが、しっかりとキウイに熱を加えてトロッとジャムのようにしたことで、ふわふわプルプル食感のレアチーズになります!スライスしてたっぷりと乗せたキウイフルーツには、お好みでナパージュを上から塗ればキラキラと輝きますよ♪

キウイのレアチーズタルトの材料(マフィン型6個分)

《タルト生地》
■バター…35g
■グラニュー糖…30g
■卵黄…1個
■薄力粉…90g
《レアチーズ》
■キウイフルーツ…1個
■グラニュー糖…30g
■クリームチーズ…45g
■マシュマロ…60g
■牛乳…40ml
■プレーンヨーグルト…40g
■レモン汁…小さじ1
《飾り》
■キウイフルーツ…2個
《ナパージュ》※お好みで!
■ゼラチンパウダー…5g
■上白糖…5g
■水…50ml

つくり方

① ボウルに常温のバター・グラニュー糖を入れてなめらかになるまで練り混ぜ、卵黄を加えてよく混ぜる。
② ふるった薄力粉を加えてさっくりと混ぜ、丸めて冷蔵庫で1時間寝かせる。
③ 生地を綿棒で2~3mmの厚さに伸ばし、マフィン型よりも大き目のセルクルでくり抜く。
④ マフィン型に④の生地をぴったりと敷き、フォークで全体に穴を開ける。
⑤ 180度に予熱したオーブンで15分焼いて冷ましておく。
⑥ キウイフルーツとグラニュー糖をフォークなどでよく潰して、500Wのレンジで5分加熱し、冷ましておく。
⑦ ボウルにクリームチーズ・マシュマロ・牛乳を入れ、500Wのレンジで2分加熱する。
⑧ マシュマロの形が見えなくなるまでよく混ぜ、プレーンヨーグルト・⑥のキウイペースト・レモン汁を加えて混ぜ合わせる。
⑨ ⑤のタルト生地に流し入れ、冷蔵庫で2時間以上冷やし固める。
⑩ スライスしたキウイフルーツを乗せれば完成。
※お好みでナパージュの材料を全て鍋にかけ、フルーツに塗ってくださいね!フルーツがキラキラと輝きますよ♪

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 食べるのがもったいない!キウイのレアチーズタルト
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。