大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • イースターに楽しみたい!ホテルシェフ直伝!卵料理をおしゃれに...
2017年04月12日更新

イースターに楽しみたい!ホテルシェフ直伝!卵料理をおしゃれに作るコツ♡

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんによるリポート。今回は、イースター用にお洒落な卵料理を作るためのコツを、ホテル椿山荘東京の人気レストラン『ザ・ビストロ』のシェフから聞いてきました。

まもなくイースターですね…と言っても「イースターって何?」という方もきっと多いですよね。かくいう私もその一人。
「キリスト教の祭り」という漠然としたイメージしかなくて、時期も知らなかったのですが、「卵が登場する」ことだけはなんとなく知っていました。卵料理が好きだからでしょうか。
しかし、今年はディズニーランドや各ホテルがイースターフェアを開催するなどイベント感が高まってる模様。
そこでイースター用にお洒落な卵料理を作るべくプロを訪ねてまいりました。

イースターとは「復活祭」

その前に、そもそもイースターとは何かという話なのですが、キリストの復活を祝うお祭りと欧米の春を祝うお祭りが合わさったものらしい。

「復活=生まれる」ということで、誕生を意味する卵が登場するようなのです。

また、イースターの日取りは、「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」。

ということで、毎年変わることから、今一つわかりにくく感じられるのかもしれません(因みに今年は416日です)。

お洒落な卵料理に挑戦

イースターでは、卵を使った料理をいただいたり、卵を使った遊びを楽しむらしいのですが、大人の私たちが取り入れるのならやっぱりお料理ですよね。

しかもせっかくならイベントの日らしいお洒落な料理に挑戦したいところ。

そこで、イースター用のランチコースを用意しているホテル椿山荘東京の人気レストラン『ザ・ビストロ』にメニューチェックに伺いました。(『Spring Garden ~イースタースペシャル3500円税込、サービス料別。1日10食限定。要予約・430日まで)

 

メインの一皿

『ザ・ビストロ』のイースター特別メニューは、前菜とメインとデザートの3皿。

このうち、メインの「エッグベネディクト風ポーチドエッグ」は、鳥の巣の中の卵をイメージしポーチドエッグをさらにセモリナ粉で揚げて仕上げたものだとか。

 

「このお料理は難しそうに見えますが、割と簡単ですよ」とは、『ザ・ビストロ』シェフの植田幸司さん。ならばと作り方をお伺いしました。

 

「まずはお湯にビネガーを加えて、卵を割り入れてポーチドエッグを作ります。周りが固まってきた程度の中がまだ生の状態の時に取り出して、いったん冷ましたら、冷めたところでセモリナ粉をまぶして揚げます」(植田さん)

植田シェフ

なるほど、簡単じゃないです。

 

揚げるのはやはり私には高度なので、シェフの料理でいただくとして、家でポーチドエッグを美しく作るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

「ポーチドエッグを綺麗に作るには、卵をお湯に入れる前に、スチーム(蒸し器)にいったん入れるとふわっと丸く整いますよ。このひと手間をかけるかどうかで仕上がりがだいぶ違います。とはいえ、家庭で温度管理が難しい場合には、卵を先に冷蔵庫から出して室温に戻しておくだけでも美しく仕上がりますよ」(同)

 

やはり、ひと手間が大事なんですね。

右が2層仕立てのソース

コースのお皿では、フライドポテトの上に上記の卵を配して鳥の巣に見立て、オランデーズソースとクラムチャウダーをソースにしたり、ディップにしたりしていただけるようになってました。

 

しかもクラムチャウダーとオランデーズソースは、同じカップに2層にして入れられていて、見て美しいだけでなく、「次はなにが入っているんだろう?」「いったいどんな味がくるんだろう?」とスプーンを入れるたびにワクワクとときめいたり。

卵に見立てたスイーツ。熱々のチョコをかけると中からシューアイスが登場

植田さんのメニューではこの他に、いろんな食材を卵型でまとめ上げた美しい前菜や、卵にしか見えないスイーツに熱々のチョコをかけていただくハイブリッドなデザートが登場。

割れた卵の中から予想外のスイーツが現れるデザートは、目を見張るだけでなく、笑顔になれること必須です。

 

 

クリスマスやハロウィンなど最近は、欧米のイベントがどんどん定着してきていますが、卵好きなら卵で祝えるイースターこそ参加したいところ。

 

プロのコースを楽しむもよし、自分で挑戦するもよし、イースターをきっかけにして新しい味に出会えたら、毎日の料理がさらに楽しくなるのではないかと思いました。

 

 

●【ザ・ビストロ】『Spring Garden ~イースタースペシャル3500円税込、サービス料別。1日10食限定。要予約・430日まで。

 


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
  • Grapps
  • グルメ
  • イースターに楽しみたい!ホテルシェフ直伝!卵料理をおしゃれに...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。