大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 不思議な形の新野菜!サンゴ礁のようなカリフラワー「ロマネスコ...
2017年05月06日更新

不思議な形の新野菜!サンゴ礁のようなカリフラワー「ロマネスコ」って一体何?

スーパーでちらほら見かけるようになった新野菜のロマネスコ。不思議な見た目から、どうやって料理して食べればいいのかちょっと迷いますよね。そんな新野菜、ロマネスコのことをお教えします!

ロマネスコはブロッコリー?カリフラワー?

Pixeljoy/Shutterstock
 
ブロッコリーのような蕾のあるロマネスコですが、現状ではカリフラワーの仲間と分類されています。見た目や味はブロッコリーに近いのですが、花蕾の配列や食感はカリフラワーに近くなっており、カリフラワーとブロッコリーの中間とも言える野菜です。

一般的に「ロマネスコ・ブロッコリー」と呼ばれることが多いので、野菜市場などではしばしば混乱が起こります。そもそも、ロマネスコの発祥がハッキリしていないのも理由の一つ。実際、15~16世紀頃からヨーロッパではロマネスコやカリフラワーが栽培され始めた歴史があるのですが、一説にはロマネスコが原種で、ブロッコリーやカリフラワーはそこから派生したものではないかとも言われているんです。

ロマネスコの特徴や栄養はカリフラワー?

Lorenzo Patoia/Shutterstock
 
ロマネスコが持つ栄養価はブロッコリーやカリフラワーとあまり変わりませんが、主にビタミンCが豊富です。濃い緑色を見て分かるように、βカロテンも豊富に含まれているので美容にはピッタリの食材です。葉酸や、キャベジンと言われるビタミンUも豊富です。

しかし、何よりも特徴的なのはその形ですよね。実はカリフラワーと同じ「フラクタル形態」といわれる構造なのですが、カリフラワーはここまで綺麗な幾何学模様は出ていません。規則正しい配列はフィボナッチ数に一致することでも有名なので、数学好きなら思わず見とれてしまう美しい配列なんです。

どうやって食べるのが正解?食べ方のコツ

Mahony/Shutterstock
 
ロマネスコを調理する際は、ブロッコリーと同じ調理法でOKです。ビタミンCが溶け出さないよう、塩茹でして調理します。茹で過ぎると食感が損なわれてしまうので気をつけてください。

色が綺麗なうえ、形も個性的なので、サラダやピクルスにしても綺麗で美味しくいただけます。また、花蕾だけでなく、茎も加熱すると甘みが出てくるので、スライスしたり千切りにして無駄なく食べましょう。ロマネスコ独特の形を活かしたサラダや盛り付けにすれば、ちょっとテーブルが華やかになります。ブロッコリーやカリフラワーと一緒に並べて食べ比べてみては?
ロマネスコはあまり日持ちがしないので、買ってすぐ使わないようであればラップに包み、冷蔵庫に立てて保存しましょう。それでも4~5日で食べきってしまうのがベター。ロマネスコを選ぶときは、花蕾がギュッとして小さく、先端が変色していないものを選んでください。


thumbnail picture by Maren Winter/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 不思議な形の新野菜!サンゴ礁のようなカリフラワー「ロマネスコ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。