大人女子のためのWebメディア
検索
2017年06月06日更新

炊飯器で1発完成♪一生食べたい「体質改善スープの素」の作り方とアレンジレシピ

5日分まとめて仕込む!アレンジ自在の簡単万能な野菜スープ

みなさん、こんにちは。
気温も暖かくなり、気持ちの良い季節になりましたね。

さて、今回ご紹介させていただくのは、わが家の定番、炊飯器でまとめて炊く“体質改善スープ”です。
スープというと煮込まなければならず、”時間がかかる”、”面倒”というイメージがありますが、あらかじめベースとなる野菜スープの素を仕込んでおけば、忙しい毎日でも、すぐに美味しいスープがいただけます。

作り方は材料を刻んで、炊飯器に入れるだけ。1回で5回分の野菜スープの素が出来上がってしまいます。
2ステップだから、時間も手間もかからず苦になりません。

こうして、うまみと栄養分を含んだベースの野菜スープを作っておけば、その日の体調や好みに合わせて、お肉や野菜、調味料を加えたり、アレンジも自在です。

何より簡単に作れるから続けられる、野菜がたっぷりとれるから体質改善に最適。
よかったら作ってみてくださいね。


基本の野菜は3種類!お腹に優しいから夜食や朝食にもオススメ

■材料(5回分)
・キャベツ 1/2個(450g)……1.5㎝の粗切り
・玉ねぎ 大1個(450g)……皮をむき1.5㎝の粗
・にんじん 3本(450g) ……1.5㎝の角切り
・塩 小さじ1/2
・しょうがチューブ、にんにくチューブ(あれば) 各1㎝
・水 50~100ml

■作り方
① キャベツ、玉ねぎ、にんじんを1.5㎝の粗切りにし、同じぐらいの大きさにする。
② 炊飯器に①とその他の材料を全て入れて、白米の普通モードで炊く。炊き上がったら野菜スープの素が出来上がり。
③ 野菜スープの素を器に入れて、好みのスープで味付けをする。

<野菜スープの素を使った”洋風味噌スープ”アレンジ>
ハワイのレストランで衝撃を受けた味噌スープ。味噌汁の概念が変わった1杯。

■材料(1人分)
・プチトマト 1個……輪切り
・味噌 大さじ1
・にんにくチューブ、バター 少々
・好みでかつおぶし 適量

■作り方
① 器にトマト、野菜スープの素1杯分、味噌とにんにく、バターを入れて熱湯150mlを注ぐ。
② 調味料をしっかりとお湯に溶かし、お好みでかつおぶしをかければ完成。

トマトを軽くつぶしながら食べると、とっても美味しいです。


【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

「アート」「トレンド」「ファッション」「業界」「ケア」などの観点から美容のプロ フェッショナル が、本質的で且つ最新の美容情報・美容コラムを提供|AUTHORs JAPAN BEAUTY(http://beauty.authors.jp/)
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。