大人女子のためのWebメディア
検索

夏バテ予防に!腸活に!ダイエットに!〜麦とろごはんの作り方〜

Photo:www.atpress.ne.jp

麦とろごはんは、麦入りの白米にすりおろした山芋(とろろ汁)をかけて食べる料理。
粘りのあるとろろと麦ごはん独特のさらっとした軽い食感が相まって、食欲のない時でもおいしく食べられますよね♪
しかも栄養価が高く、夏バテ予防や腸内環境を良くする「腸活」にも、とても適しているんです。

精がつく食材

とろろに使用される「長芋」「大和芋」などの山芋は、昔から「山のウナギ」と呼ばれるほど精がつく食材だといわれています。
生薬では「山薬(サンヤク)」と呼ばれ、漢方では滋養強壮などのために用いられてきました。
暑くなり始め食欲が落ちがちなこの時期には、まさに打って付けの食べ物なのです。

エイジングケアにも◎!

Photo:www.atpress.ne.jp

山芋はデンプンをメインに、ビタミンB1、B2、ビタミンC、カリウム、食物繊維などを多く含んでいます。
特徴であるネバネバは「ムチン」という成分で、納豆、オクラ、モロヘイヤなどのネバネバもこれと共通しており、胃腸の粘膜を潤し、保護する働きがあります。
食べ物だけに含まれる成分というわけではなく、人の口腔、胃腸、目の表面などの粘膜はすべてムチンに覆われています。
肝臓や腎臓の機能を高める作用もあり、細胞を活性化し、エイジングケアにも役立ちます。
また、山芋は唯一生で食べられる芋類です。
山芋にはアミラーゼ(ジアスターゼ)をはじめとする消化酵素がたっぷり含まれ、生食することで活性化した状態の酵素を摂ることができます。
ムチンや酵素がたっぷりの山芋は、腸内環境を良くする作用に優れ、お腹の調子を整え便通を良くする効果、美肌効果、疲労回復・スタミナの増強にも効果があります。

白米よりも断然麦ごはん!

一方、とろろに合わせる麦ごはんもまた高栄養価な食品。
お米は日本人の主食として栄養的にも優れている食品ですが、麦(大麦)は、それを上回る栄養価を持っています。
普段食べるお米に大麦を混ぜるだけで、栄養価を簡単にアップさせることができるのが麦ごはんの素晴らしいところです。
糖質はお米よりもやや少なく、カルシウムは3倍、カリウムは2倍、食物繊維は17倍もの量が含まれています。

特に食物繊維は「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の両方がバランスよく含まれ、食後の血糖値上昇を抑える、血中コレステロールを低下させるなどのことが近年の研究でわかっています。
血糖値の上昇を抑えることは体脂肪の蓄積を防ぐことと密接していますので、麦ごはんはダイエット中の主食として適しています。
他にビタミンB1やビタミンB2、鉄分いった成分も比較的多めに含有されています。

麦とろごはんの作り方

〜麦ごはんの炊き方〜

お米1.5合、大麦0.5合別々に用意します(炊き上がり約2合)。
麦は押麦でも米粒麦でももち麦でも、お好みのものを使ってください。
お米と麦の割合もお好みで変えてもOKです。
麦が多いほどご飯全体の粘り気が少なくなり独特の香りも強まるので、食べ慣れないうちは上記ぐらいの比率が良いでしょう。
お米は研いで、炊飯器の1.5合の目盛りに合わせて水を加えます。
麦はさっとすすいで2倍量の水と共に炊飯器へ入れ、十分に吸水させてから炊いてください(1時間以上)。

 

〜山芋の簡単なおろし方〜

すり鉢やおろし金で擦ると滑らかなとろろにすることができますが、より手軽で簡単な方法をご紹介します。
山芋の皮を剥き、厚手のビニール袋に入れます。
しっかり口を閉じて、すりこ木などでよく叩き潰すと出来上がりです。
とろろの味付けにはだし汁+しょうゆ、又はめんつゆや白だしなど手軽な方法でもOK!
お好みで青ねぎやみょうが、しそ、ごまなどと一緒にどうぞ。

 

山芋+麦ごはんで、酵素・食物繊維がたっぷり摂れて美腸力アップ!
胃粘膜を保護するので、胃の弱っている人にも山芋はオススメの食材です。

 

情報提供元:microdiet.net 「6月16日は麦とろの日 美腸力アップや夏バテ予防に最適!」


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。