大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 冷めても美味しいおかずは何がある?お弁当や持ち寄りパーティー...
2017年07月09日更新

冷めても美味しいおかずは何がある?お弁当や持ち寄りパーティーに便利なメニュー

本当はできたてホカホカの温かいおかずの方が美味しいけど、お弁当や持ち寄りパーティーなど、「冷めても美味しいおかず」を求められることってよくありますよね。そんな時は、冷めても美味しいではなく、「冷ました方が美味しい」を目指してみませんか?

冷めても美味しいおかずは、作る時に一手間加える

Gutesa/Shutterstock
 
春雨サラダなどは冷たくても美味しいですよね。でも、おかずが冷めてしまうと美味しくないと感じる理由の多くは、「冷たい」ということよりも、パサパサ、モソモソした食感になってしまうことが問題です。

つまり、食材が持っている「水分」が飛んでしまうことが主な原因です。一度蒸発してしまった水分を元に戻すことはできません。そこで、調理過程で「水分を逃げにくくする」という一手間が重要になってきます。食材の水分を逃がさないという目的でよく使われるのが「片栗粉」です。粉のまま使うこともあれば、水溶き片栗粉にして使うこともありますよ。

片栗粉を制す者は冷めても美味しいおかずを制す!?

sasasarururu/Shutterstock
 
例えば「照り焼きチキン」を作る場合のコツは2つ。1つ目は、下味をつけた鶏肉を「カットせずにラップをして電子レンジで2分ほど加熱」すること。2つ目は、取りだした鶏肉に「片栗粉をまぶして」からフライパンで1分ほど焼いてタレを絡めること。この2つはどちらも、鶏肉の水分を逃がさないという目的があります。

ほかにも片栗粉は、水に溶いて使うというテクニックもあります。冷めた卵焼きって、しぼんでパサパサになっていることがありますよね。そんな時は、いつもの卵焼きをつくるときに「卵3~4個に対して大さじ1杯の水溶き片栗粉」を入れるだけで、フワフワの卵焼きになります。コツは、まだ表面が半熟の時に巻くこと。巻いた面に隙間ができてしまうと、そこから水分が逃げてしまうので、できるだけ密着させるのが目的。つまり、片栗粉が接着剤代わりになってくれるんです。

味をしみ込ませるために、“あえて冷ます”おかず

fuumi901/Shutterstock
 
おでんや煮物は2日目以降が美味しいですよね!実は、煮込んでいる間よりも冷めるときに味を吸いこむのが煮物類です。ただ、肉じゃがなどは芋類のパサパサ感とお肉の油が白っぽく固まってしまうのが難点。同じ煮込み系でも、汁気の多い「おでん」や「高野豆腐」などがオススメ。

ほかにも、お弁当のおかずに合いそうな「筑前煮」「こんにゃくのおかか炒め」「きんぴら」「ひじき」などの、いわゆる常備菜には冷めても美味しいおかずがたくさんあります。持ち寄りパーティーなら、「テリーヌ」「ローストビーフ」「ミートローフ」「キッシュ」「チャーシュー」「生春巻き」なんかは華やかです。「アジの南蛮漬け」なども、パプリカを使えば華やかになる冷めた方が美味しい料理ですよ。
冷めても美味しいおかずは、サラダ類以外にもたくさんありますよね。冷ました方が美味しいおかずとの違いは、作る時のほんの一手間です。ちょっとしたテクニックで「冷めても美味しい」をキープすることができます。是非お試しください。


thumbnail picture by nenetus/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 冷めても美味しいおかずは何がある?お弁当や持ち寄りパーティー...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。