大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • いちごショートケーキ発祥はここ? 「不二家」喫茶店としての歴...
2017年10月01日更新

いちごショートケーキ発祥はここ? 「不二家」喫茶店としての歴史

西洋のハイカラをいち早く取り込んだ「不二家」VOL.1

キャラクターのペコちゃんでおなじみの洋菓子店「不二家」。しかし、じつは日本の喫茶店、レストランの先駆けであることをご存知だろうか。

1910年(明治43)、藤井林右衛門が横浜・元町に小さな洋菓子店「FUJIYA」をオープンさせた。まだなじみの少なかった西洋のお菓子を一人でも多くの日本人に味わってほしいという思いからだった。
さらに、第一次世界大戦による好景気の中で喫茶室を新設した。インテリアはアメリカから直輸入したモダンなもので、さらに持ち手を下に押さえるとソーダ水が出てくるくる「ソーダ・ファウンテン」を導入し、話題を呼んだ。そして、1923年(大正12)には念願の銀座進出を果たす。

「不二家」という屋号は富士山を意識しており、「不二」には2つとない存在という意味も込められている。屋号の頭文字であるFを意匠化したハイカラなロゴは、20世紀を代表する産業デザイナー、レイモンド・ローウィによるもので1961年(昭和36)に完成。「ファミリーマーク」と呼ばれ、「不二家」のシンボルとなっている。

1910年(明治43)に日本で初めてクリスマスケーキを販売

ところで、藤井林右衛門という人物は何者なのだろうか。不二家広報室の上田博子さんは言う。

「彼は愛知県出身なんですが、16歳で横浜に出てきて古物商の奉公人として働き始めます。商売的には外国人が引っ越した後に残った家具を中古品として売ったり、鉄くずなどを取り扱ったり、今でいうリサイクルショップのようなものですね」(上田さん、以下同)

1年後に大旦那が亡くなったのを機に、店を任されるようになる。さらに、ひょんなことから日本人の洋菓子職人と知り合い、独立開業して日本ではまだ珍しかった洋菓子店をオープンさせた。25歳の時である。

「リッチな外国人は家に料理人がいるので、その頃洋菓子を扱っている店は少なかったんです。一方でハイカラな食文化に憧れる日本人には人気が出そう。そんな勝算もあったんでしょうね」

メニューは自分でも考えたし、外国人シェフに知恵を借りることもあった。さらに単身アメリカに飛んで働きながら現地の菓子や喫茶事情を視察した。なお、オープンした年に早くも日本初となるクリスマスケーキを販売している。
 (39048)
 
創業時のクリスマスケーキ(復元/上)とオリジナルショ...

創業時のクリスマスケーキ(復元/上)とオリジナルショートケーキ(現在/下)

白いものは生クリームではなく、プラムケーキ(フルーツケーキ)に砂糖の衣をかけたものだ。なお、店内には小さなイートインスペースもあった。いわゆる、喫茶店の先駆けである。

ショートケーキは日本独自の洋菓子だった!?

さらに同じ横浜の伊勢佐木町に2号店を出した1922年(大正11)にショートケーキを販売している。これも日本初だと言われている。

「ただ、皆さんよく勘違いされますが、私たちになじみのあるあのスポンジケーキ、ホイップクリーム、いちごという取り合わせのケーキは不二家が開発した日本独自の洋菓子だと言われています。大正時代の原型となるショートケーキにはバタークリームのような濃厚なクリームが使われていました。当時、いちごを使っていたかどうかはわかりません」
1958年頃に「不二家」店頭に並べられたショートケーキ

1958年頃に「不二家」店頭に並べられたショートケーキ

ショートケーキという名前の由来については、イギリスのショートブレッドというクッキーのようなお菓子から、「ショートニング」に由来するから、短時間(ショートタイム)で作れるからなど諸説あるという。

「ちなみに、ショートケーキが今のように不二家のナンバーワン商品になったのは昭和40年代後半。(バタークリームから今のような生クリームやイチゴを使うようになったのは)これには景気の上昇や冷蔵庫の普及など、様々な要因があると思います」

「不二家」のショートケーキは徐々に進化を遂げ、60年前に完成形となる。

銀座のイメージが強いが、実は横浜で生まれ育った飲食チェーン

「不二家」といえば、東京の晴海通りと外堀通りの交差点に立つ数寄屋橋店が有名だ。そのため、銀座の象徴というイメージがある。
存在感のある数寄屋橋店屋上の看板

存在感のある数寄屋橋店屋上の看板

「弊社は1946年に銀座に本社を移しました。横浜で人々に認められた後は、やはり銀座だろうという思いがあったんです」

しかし、「不二家」はもともと横浜で生まれ育った飲食チェーン。実際に2017年8月現在、神奈川県内には東京都内の67店舗に次ぐ63もの店舗を展開している。

伊勢佐木町店を設計したのはフランク・ロイド・ライトの弟子

1923年(大正12)年には悲願だった銀座店が開店。しかし、同年9月の関東大震災で1号店の元町店、2号店の伊勢佐木町店、そしてオープンしたばかりの銀座店がともに焼失した。林右衛門はのちに伊勢佐木町店と銀座店を再開させ、元町店は閉店した。
1937年頃の横浜・伊勢佐木町店

1937年頃の横浜・伊勢佐木町店

伊勢佐木町店は現在、横浜センター店となっているが、現存する建物は1987年の建築で設計したのはアントニン・レーモンド。帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトの弟子で、昭和初期と戦後にいくつものハイカラ建築を手がけた人物だ。

ビルは第二次世界大戦後にGHQの軍人クラブに接収される。
「ヨコハマクラブ」の誕生日を祝うパーティー

「ヨコハマクラブ」の誕生日を祝うパーティー

ビルは1958年(昭和33)に返却された。「不二家」は銀座の象徴と思われがちだが、喫茶室も残っているこの横浜センター店には、当時の「不二家」の匂いを感じられる。様々なハイカラ文化が生まれた横浜の象徴でもある。

銀座の本社ビルは2008年(平成20)に文京区大塚に移転する。2014年(平成26)にはこのビルの1階に「OTOWA FUJIYA」がオープン。ここでは一般的な店舗では販売していないプレミアム商品を購入できる。
「OTOWA FUJIYA」の苺のショートケーキ

「OTOWA FUJIYA」の苺のショートケーキ

舶来の洋菓子ではなく日本独自のものだと思って食べると感慨深い。なお、「OTOWA FUJIYA」店頭の商品はその多くが奥の厨房で作られるという。ハイカラな「不二家」の最新形を味わいたい方は、ぜひ訪れてみてほしい。
取材・文=石原たきび
編集=大狼章弘

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • いちごショートケーキ発祥はここ? 「不二家」喫茶店としての歴...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。