大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • クリスマスに一度は作ってみたい「イタリア風ローストチキン」の...

クリスマスに一度は作ってみたい「イタリア風ローストチキン」の簡単な作り方を伝授!

クリスマス当日は、ディナーのご馳走を期待している家族や恋人。誰もが一度は食べてみたいと思うのが「ローストチキン」ではないでしょうか。シンプルなレシピなので、ちょっと勇気を出して丸鶏をまるっと一匹料理してみましょう!

【材料】詰め物はアンチョビだけ!?

arfo/Shutterstock
 
作り方も簡単なので、材料も至ってシンプル。イタリアのレシピですが、日本でも手に入る食材でアレンジしています。アンチョビでなければオイルサーディーンでも代用できます。赤ワインも、マルサラワイン(マルサラ酒)の代用です。マルサラワインは料理酒なので、料理用の赤ワインで大丈夫です。また、ナツメグがない場合もハーブソルトでアレンジできます。

●鶏…1羽
●バター…120g
●アンチョビ…8枚程度
●レモン…大さじ1
●赤ワイン…30~45ml
●ナツメグ、塩、胡椒…少々

【作り方】オーブンでじっくり3時間かけて焼き上げる

Andrey_Popov/Shutterstock
 
●鶏は表面だけでなく、中まで綺麗に水洗いしてキッチンペーパーで余分な水気を取ります。胸当たりに骨があって、取れるような外してしまいましょう。
●水気を切ったアンチョビを細かく切り、100gのバターと、レモン汁、ナツメグ、塩、胡椒を練ってクリーム状にします。
●鶏肉の中にペーストを詰めて、中身が出てこないようにタコ糸で縫ってしっかり閉じます。
●残ったバター(20g)を表面に塗って、お腹を上にしてオーブンに入れます。
●低温200度で焼き加減を見ながら1~2時間かけて焼き上げます。時々、鶏から出た脂と赤ワインを混ぜ合わせて鶏に塗りましょう。

【切り分け方】足から切り落として輪切りにする

istetiana/Shutterstock
 
下処理の段階で予め胸の骨を取っておくと、両足を切り落とした後は輪切りでも切りやすくなります。上手に焼き目がつかなかった場合は、フライパンで焼き目をつけても大丈夫。スキレットなどで焼いてそのままテーブルに出してもおしゃれです。じゃがいもや人参、アスパラのグリル、プチトマトなどで彩りを添えてもいいですね。

また、鶏肉を一羽丸ごと買う時は、たまに内蔵が入ったままのこともあるので「中抜き」を選ぶのもポイントです。また、内臓の臭みが残っている可能性があるので、鶏肉の中をしっかり水洗いするのも大切。どうしてもニオイが気になる場合は、ローズマリーを乗せたり中に忍ばせて焼きあげましょう。
アンチョビペーストのほかに、ピラフなどのお米や野菜を入れてもいいですよ。
ちょっと難しそうなローストチキンも、下準備さえできればあとはオーブンに入れて待つだけ。夕食の時間から逆算してオーブンに入れることが欧米風です。ローストチキンに加え、バケットやサラダがあればご馳走の完成!是非お試しくださいね。


Thumbnail picture by Wild Drago/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • クリスマスに一度は作ってみたい「イタリア風ローストチキン」の...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。