大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 水菜にも赤や紫があった!カラフル野菜で年末年始の食卓を豪華に...

水菜にも赤や紫があった!カラフル野菜で年末年始の食卓を豪華に彩るテクニック

オレンジや紫色のカリフラワーがあるように、水菜にも赤や紫色があるって知ってましたか?普通の水菜とはどう違うのでしょうか。赤水菜の栄養の違い、そしてカラフル野菜でテーブルを彩るテクニックをご紹介します。

水菜は京野菜の火付け役だった!?

cocone/Shutterstock
 
元は京都が原産の京野菜だった水菜。京野菜というと賀茂茄子や万願寺唐辛子を思い浮かべると思いますが、水菜も同じころに市場で良く見られるようになりました。現代人の味覚に合うよう改良された水菜は賀茂茄子や万願寺唐辛子よりも飛躍的に全国区になりましたよね。その理由は栽培のしやすさにありました。
品種改良のおかげで、これまで2~3カ月かけて育てていた水菜はなんと2~3週間もあれば収穫できるようになっていたのです。成長が早い水菜は全国の農家でも作られるようになり、今では原産国の京都を抜いて、なんと茨城県が生産量第一位になっています。

見た目で分かる!赤水菜と紫水菜の違いとは

picturepartners/Shutterstock
 
水菜には一般的な緑色のものだけでなく、赤水菜、紫水菜と言われる品種があります。その違いを見極めるのは意外と簡単。

赤水菜は、葉は緑色で、茎が赤色。実際は赤というより紫色に近い色みをしています。葉の形も水菜と同じです。ただ、紫水菜はちょっと違います。茎が緑色で葉が紫色なのです。葉も少し大きく、水菜というより春菊のような感じ。赤水菜は茹でても色を保っていますが、紫水菜は色が抜けて緑色になってしまいます。紫水菜の色を活かしたいときは、新鮮な物を選んで葉の方を摘み、そのままサラダにしましょう。茎は一度火を通した方がベターです。

リースのように飾るカラフルな水菜サラダ

nana77777/Shutterstock
 
赤と緑の葉を活かして、リースを形作ったサラダを作ってみましょう!キャベツやレタスと違って柔らかいので、理想の形に盛り付けやすい水菜にベビーリーフなどを少し混ぜ合わせて、黄色のパプリカなどでクリスマスカラーを彩ってみるととてもおしゃれです。パプリカは星の形に型抜きするとキュート♪野菜が高騰しているので、比較的お手頃だけど美味しい水菜でたくさん作るの量をつくることができるので、食べざかりのお子さんや男性もたくさん食べることができてうれしいですよね。赤水菜や紫水菜を組み合わせて、葉野菜を水菜だけにするのもいいかもしれません。
赤水菜も紫水菜も、葉の方は生でもOKですが、茎の方は少し硬いので一度加熱するのがポイントです。赤水菜の茎は、酢に反応して鮮やかな赤色にあるので、予めピクルス液に漬けておいたり、浅漬けなどにして後から生野菜と一緒に混ぜ合わせるという手もアリ!是非試してみてくださいね。


thumbnail picture by kwanchai.c/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 水菜にも赤や紫があった!カラフル野菜で年末年始の食卓を豪華に...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。