大人女子のためのWebメディア
検索

クリスマス時期に楽しみたい香り

キリスト誕生を祝うクリスマスは、光の誕生の祝祭とも捉える事ができます。クリスマスを誰とどう過ごすかより、どのような気持ちで過ごすのかを大切にしていきたいですね。年末に向け、忙しなくなってきましたが心身の不調を感じた時は、自然や生気ある物に触れると心が落ち着きます。寒い中逞しく育った野菜などを調理し、食べると身体の中から活力が漲りますし、生花や枝を生けると部屋の「気」が変わり心が癒されます。
ad51deb3

~クリスマス時期に楽しみたい香り〜
  

クリスマスは、冬至の時期にある祝祭。

昼が一番短く夜が一番長い冬至は、一年で最も暗く闇が支配している時。

キリスト誕生を祝うクリスマスは、光の誕生の祝祭とも捉える事ができます。

c11a61b323d27893d7d28929f6b040cd_s

クリスマスを誰とどう過ごすかより、どのような気持ちで過ごすのかを大切にしていきたいですね。

 

 

年末に向け、忙しなくなってきましたが心身の不調を感じた時は、自然や生気ある物に触れると心が落ち着きます

寒い中逞しく育った野菜などを調理し、食べると身体の中から活力が漲りますし、生花や枝を生けると部屋の「気」が変わり心が癒されます。

 

クリスマス用のリースやアレンジメントは、生花やハーブ、スパイスを使用したものにすると香りも楽しめますよ。

それらを玄関に飾るのも良いですが、目につく機会が多く、触れる事が出来るお部屋に飾るのが良いでしょう。

 

街は華やかなイルミネーションが煌めいていますが、温かい部屋の中で、心穏やかにキャンドルの光と香りを楽しむのも良いですね。

34df88fd40b43c395d3908667395996d_s

ミツバチの巣から出来るミツロウのキャンドルや大豆油から作られるソイキャンドルは、ススや煙が出にくく、パラフィンのキャンドルより火持ちがし、心身への作用が穏やかです。

空気清浄、消臭、リラックス効果もあります。

天然のキャンドルは香りも楽しめますが、アロマエッセンス入りのキャンドルやキャンドルの火で焚いたアロマオイル(精油)の芳香浴も良いでしょう。

 

フランキンセンス(乳香)は、気管支炎や咳などの呼吸器系のトラブルや皮膚の細胞を活性化させ柔らかくし、老化した肌のトリートメントに役立つので、この時期におススメのアロマオイルです。

フランキンセンスは、キリストの生誕の時に使用された香りでもあります。

瞑想や祈りにふさわしい環境を作り、心のおしゃべりを止め精神を鎮めてくれるので、古くから宗教的な儀式や日常生活に使用されてきました。

 

イライラや不安感、心が乱れている時などに手助けし、心の灯りを再び灯してくれます。

 

キャンドルの温かい光や揺らぎをみているだけで、心が落ち着きます。

無宗教の方でも、胸の前で手を合わせれば神聖な気持ちになるでしょう。

キャンドルの光を見つめる事は魂の栄養になるとも言われます。

慌ただしい時期だからこそ、そんな時間を大切にしたいですね。

 

※関連する記事

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。