大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • 「プチうつ」なんて吹き飛ばせ!「五月病」に負けないウツ予防の...
2015年05月12日更新

「プチうつ」なんて吹き飛ばせ!「五月病」に負けないウツ予防の風水

ゴールデンウィークも終わり、いつもの「日常」が戻って来ましたね! この時期は様々な疲れがどっと出てくる頃。 中でも注意したいのが、ココロの疲れ…。そう、「五月病」です!そこで「プチうつ」を克服するために、あれこれ研究を重ねて?参りました。今日はそんなAchika流、「風水式プチうつ予防策」をご紹介致します!

風水style生活

こんにちは!Achikaです!

新年度の環境の変化の中で、イロイロ頑張ってきた貴女!…お疲れ様です! 

ゴールデンウィークも終わり、いつもの「日常」が戻って来ましたね!

この時期は様々な疲れがどっと出てくる頃。

中でも注意したいのが、ココロの疲れ…。そう、「五月病」です!

 

実はAchikaはかつて五月病の常連さんでした。

若々しい木々の緑、澄んだ青空…が目に入りながら、心はドヨーンと真っ暗。

そこで「プチうつ」を克服するために、あれこれ研究を重ねて?参りました。そしてお医者さんに頼らずに何とか解消…今ではこの通り、とっても元気!

今日はそんなAchika流、「風水式プチうつ予防策」をご紹介致します!

五月病をふっとばせ

 

特に注意したいのが、「食べもの」。

まず「ウツ」になる時、というのは、心も身体も風水で言う「陰の気」に支配されている状態です。

「食べもの」と言いますと身体の健康維持、というイメージがありますが実はココロの健康にも多大な影響を及ぼしています!

英語の諺にあるように、”What you are is what you eat.”

「あなたの心と身体は、食べたもので作られている」のです。

 

① 腸をキレイにし、温める

腸はすべての始まり。

ここで作られたものが、血液に運ばれて全身に渡ります。 

腸の健康のためには、まずは有害物質を排出すること、が大切です。

人工的に合成された食品添加物や農薬、微量重金属など…

これらは風水で「悪い火の気を増やすもの」とされています。

その通り、これらが腸内に残っていると、血液に入って交感神経をむやみに刺激することになります。

風水で「火の気」を適度に中和してくれるものが、「土の気」。

食物では、人参・大根・ゴボウなど土の中で育つ「根菜類」です!

含まれる食物繊維は有害物質を身体の外へ排出するのに効果的。

腸がキレイになって善玉菌も増え、血液もキレイになります。

さらに「根菜類」のように「土より下で育つ作物」は、風水では「陽性の食物」とされています。つまり、「身体を温める食物」です。

腸は温められると、「セロトニン」という幸福ホルモンを放出します。

「セロトニン」は私たちの心に、落着き、満足や平和感を与えてくれます。

9割は腸内で作られ、自律神経を通じて全身をコントロール。

他の消化器系と協力しながら気分の浮き沈みを調整しています。

逆に悪玉菌は、「冷えた腸」が大好き!

身体を冷やす食べ物は、「陰性の食物」。

その代表は、暑いところで急激に成長する植物…そう、サトウキビ!

白砂糖はサトウキビを更に「人工的な薬品」の数々で精製したもの。

「極陰性」にあたります。

ですから白砂糖を摂れば摂るほど、腸はドンドン冷やされ悪玉菌が殖え、血液も流れが悪くなり汚れてゆきます。

試しに甘い物好きなあなた!おへその下辺りに手を当ててみてください。

冷やっとした感じがしませんか?

30代半ばにして、白髪がちらほら見え始めていませんか?

これらは身体が「冷えている」証拠です!

「プチうつ」な気分のときは、まずは「甘い物」を控えてみましょう。

 

② 脳内のセロトニンを増やす 

ではダイレクトに脳内セロトニンを増やすにはどうすれば良いでしょうか。それにはタンパク質の一種である「トリプトファン」が有効と言われます。さて春が近づくと、冬の間栄養を蓄えていた種子から芽が出てくるでしょう。

これらは春になってすくすくと「成長してゆく気」に溢れています。

アーモンドなどの種子類、グリーンピースや大豆などの豆類とその加工品(お豆腐、みそ、納豆など)にはこの「トリプトファン」が豊富に含まれています!

次に種から芽が出ると?「芽が出た食物」は「穏かな陰性」となります。

少し暖かくなってきた頃は、かいわれなどスプラウト類、タラの芽やふきのとうなどを食べましょう。

これらは口に含むと少し苦味を感じます。

この苦味も「土の気」のひとつ。身体に穏やかな刺激となって、

冬の身体の奥に溜った悪い物を排出し、気持ちを安定する手助けとなります。

更に日が経って日差しに力を感じる頃、芽は伸びて葉っぱになります。

パセリ、人参の葉、セリ、ネギ、ニラ、玉ネギなどには、

滞りを浄化し心の健康を促す「血液サラサラ成分」が豊富に含まれています!

このように、季節に合った食べものというのは、うまい具合に、

その時々の身心の状態に最適な働きを持っているのですね。

旬の食べ物を食べることは、私たちを「自然界の循環の一部」に戻し

それが心の安心、平和、安らぎへと繋がってゆきます。

 

③ 環境を整える 

「環境学」とも言われる風水では、

住まいやインテリアから受ける「気」が心身に及ぼす影響を重視します。

試しに、3~7日ほど、一切お掃除をしないで過ごしてみましょう。

特におトイレは「陰の気」を溜め込むのに有効なので、

トイレ掃除は厳禁です! すると、間違いなく1週間後には、

あなたはめでたく「ぷちウツ=五月病」なれること請け合いです!(笑)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

風水セラピスト。住宅鑑定風水師。整理収納アドバイザー2級。 ホテルのバンケットプランナーとPCメーカーのテレマーケ勤務を経て、夫の転勤に伴い退職。以後2児の子育てと介護の傍ら、6回の引越し。小林 祥晃先生、李家幽竹先生ほかの本を読みあさり、新居の間取りに合わせた風水を実施。体験から得たお悩み解決ワザをお伝えしていきます。ブログ「風水美宅」:https://www.fusui-bitaku.com/ ・Facebook:https://www.facebook.com/pages/Achika-Kaihaku/867090026648701
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • 「プチうつ」なんて吹き飛ばせ!「五月病」に負けないウツ予防の...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。