大人女子のためのWebメディア
検索
2015年12月22日更新

選択する力は生きる力

自分で自分の人生を選択する事が私には出来ない、自分で選択した事は間違っているに違いない、 自分はいつも間違っているし、他人の方が正しいという『思い込み』 を持っている人は自分で選べません。

22582323_s

自分で決める事が出来ない人が今は多い。

 

子どもの頃から自分で考えて、自分で選択する、
という習慣がなかったからだと思います。

自分で自分の人生を選択する事が私には出来ない、
自分で選択した事は間違っているに違いない、
自分はいつも間違っているし、他人の方が正しい、
という『思い込み』 を持っている人は自分で選べません。

 

そういう人の口癖は
『自信がありません』

自分で決めた事が合っているかどうかに自信がないと、言うのです。

 

そして自分の脳を、ちゃんと使ってない人も多い。
自分はどうしたいのか、何が良いのか、何を選びたいのか
そういうことを考えずに、ただ他人と比べたり、気にしたり、
自分を責めたり、落ち込んだりに、自分の脳を使っている。

それって、脳の使い方 としていいのでしょうかね。

脳はそんなことを考えるために、存在しているとは思えません。

 

自分の人生の舵取りを自分でするため、
何か新しいことを作り上げるため、
何かを探求し、自分で答えを出すため、
自分で自分の事を決めて、選択するために、
脳は存在しているはずです。

 

自分の子どもに、自分で選択する力をつけさせる。
というのは、何かを覚えるよりも絶対に重要です。

間違っていることがいけない、とせずに、
間違う勇気も与えてやってください。

 

正解か不正解か、が物事の価値基準ではありません。
何をもって正解とするのは、立場が違えば変わってきます。

合っていたり、間違っていたりを経験しながら、
自分で考え、選ぶ力がついてくるのです。

 

自分では何も選択出来ない大人にしないためにも
子どもの頃から、選ぶ力をつけさせて欲しいと
選べない大人を見るにつけ思うのです。

人の役に立つとか立たないとかも関係なく、
自分として役に立ちたいのか、そうじゃないのかを
考えさせてほしいです。

 

役に立つ、ということも判断基準にはなりません。

世の中で言われている、いわゆる『良いこと』でも、
それが何かの基準にはならないのです。

 

そういうことも含めて、自分はどうか。
ということを考えるのです。

脳っていうのは本当に優れた器官です。
使わなければ退化して行きます。

 

考える、ということを放棄しないでほしいなと思います。

考えて考えて自分で選択する力は、
そのまま人生を生き抜く力になります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

セミナー講師・コンサルタント・エッセイスト 2001年より独立し、現在までクライアント数約1万人。 自分を生かし、人生を生かす、というテーマを掲げ、本当の自分らしい心から望む思い通りの生き方を提唱している。 起業、コミュニケーション、パートナーシップなどの様々な分野において劇的な変化を遂げるクライアントが続出。 現在はトークライブや講演会などのイベントも開催し、全国で人気を博している。 ブログURL http://ameblo.jp/yoshimi29/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。