大人女子のためのWebメディア
検索
2017年01月05日更新

変化を良しとしない態度は、人生をうまく運ばない。

人生の中に必ず訪れる"変化"。この変化を上手に受け入れることで人生は驚くほど生きやすくなります。セミナー講師・コンサルタント・エッセイストの稲垣 佳美さんが人生の上手な開き方について説いてくれます。

長い人生の中で、色々な変化があります。
現実的な変化もあれば、内面的な変化もあるでしょう。

変化はあるのが普通で、変化は常に起こるものです。

 

それは会社でもプライベートでも、

年月が経てば、やる事やポジションが変わる事もあります。
その変化によって、自分の考え方も変える必要が出てきます。

現実が変わったのだから、自分の中身も変える必要があるのです。

自分を変えるのにはちょっと慣れが必要だけど、
慣れてしまえば簡単に出来るようになります。

長い人生の中で、今がそういう時なのだ、
ただそう思う事です。

 

ただただ、そう思って、変化し続ける事です。

今自分がおかれている環境や、やっている事は未来永劫続くわけではありません。
いずれ変わるだろうし、いずれ終わる日がくるから。

物事には必ず始まりがあり、終わりがあります。

変化は日常的に起こり、変化が必要な日は来ます。

昨日まで『不正解』だったのものが、今日『正解』になることもあります。

これは理不尽さとは違います。そういう変化は起こるものなのです。

それは自分の気持ちや感情とは全然関係ないところで変化は起きます。

人生は現実と自分とのマッチングで運べばうまくいきます。
目の前の現実がそうで、それが私に求められている事なら
それをやる、という選択肢しかありません。

変化、というのはいつも人間にとっては不安を感じさせるものです。

それは今まで経験がない、やった事がない事柄ならなおさらそうだと思います。

この不安は変化の度に訪れますが、あって当たり前の怖さなので、不安だからといって、変化を受け入れないのは、人生何も変わらない事になります。

 

この不安も一時のこと。

感情にも終わる時があります。

変化はいつも自分の可能性を開くチャンスなのです。
変化しなければ、いつまでも昨日の自分をやる事になります。

それは自分の可能性を開かないばかりか、何の発展性も無い事になります。

現実は無視して、自分をうまく運ぶ、なんていうことが出来るはずもありません。

だから、変化を良しとしない態度は、人生をうまく運びません。

今するべき事があるのなら、それをやる日が来た、という現実があるだけ。
だからそれに積極的に取り組むのです。

そうやって人生は進んで行きます。

そうやって自分の可能性は開いて行くのです。

そういう人生は色んな色に彩られることになるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

セミナー講師・コンサルタント・エッセイスト 2001年より独立し、現在までクライアント数約1万人。 自分を生かし、人生を生かす、というテーマを掲げ、本当の自分らしい心から望む思い通りの生き方を提唱している。 起業、コミュニケーション、パートナーシップなどの様々な分野において劇的な変化を遂げるクライアントが続出。 現在はトークライブや講演会などのイベントも開催し、全国で人気を博している。 ブログURL http://ameblo.jp/yoshimi29/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。