大人女子のためのWebメディア
検索
2016年05月24日更新

人が離れて行くとき。

29210355_s

どんな人でも、その人生の中で、友達や身内が去っていくという経験をしてるだろうと思います。

それはやっぱりどんな理由にしろ、共有した時間があるからこそ、寂しかったり、悲しかったり、痛かったりします。

でも、反対に自分も誰かから離れて行く、という経験をしているはずです。

人間関係が大きく変わる時、それは人生自体がシフトをしている。
今までいたステージから違うステージへ移る時なのです。

舞台が変わるのだから、その登場人物が変わるのは当たり前なのかもしれません。

だからこそ、自分から離れて行く人に対して、自分の痛みに負けるのではなく、次のステージに行けてよかったね、という気持ちを持つ事も一つの選択です。

その人は、違うステージに進んで行くのです。

去っていく時、少なからず感情的なもつれは在るだろうけど、何年か経った後に、あれはあれで良かったなと、思う日が来ます。

そうやって何度も人生の中で、くっついたり離れたり、波のように繰り返していきます。
寄せては返す波のように。

そこで自分が痛みの感情に耐えられないからと、相手を囲おうとしたり
しがみつこうとしたり、反対にじゃもういい!と突き離したりすることは
自分にも相手にも傷を残します。

 

結んでいた手を離す時、痛みはあるけど、それでも手を離す勇気を持ってください。

そうすればまた、自然と新しい手と結ばれます。
あんなにしてあげたのに、という思いは相手には届きません。

 

そういう変化があるのが人間関係です。

そういうものだ、と受け入れる事は、次の人間関係に自分を向かわせる事が出来ます。

 

誰かが離れて行ったとき、それは新しい出会いの時でもあります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

セミナー講師・コンサルタント・エッセイスト 2001年より独立し、現在までクライアント数約1万人。 自分を生かし、人生を生かす、というテーマを掲げ、本当の自分らしい心から望む思い通りの生き方を提唱している。 起業、コミュニケーション、パートナーシップなどの様々な分野において劇的な変化を遂げるクライアントが続出。 現在はトークライブや講演会などのイベントも開催し、全国で人気を博している。 ブログURL http://ameblo.jp/yoshimi29/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。