大人女子のためのWebメディア
検索
2016年07月05日更新

人間関係をあきらめていませんか?

人間関係

ほとんどの人は、と言っても言い過ぎではないと思うが、人は自分をいつか裏切ると思っています。

人は裏切ったり、見捨てたり、嫌いになったりするものだ、と思っている。
同時に自分も、人を裏切ったり、見捨てたり、嫌いになったりすると思っている。

だからほとんどの人は親密になることを恐れます。
親密になればなるほど、裏切られた時のショックが大きすぎるから。

恋愛で別れるときの事を考えるとそれが嫌で、恋人を作れないとか、好きな相手に告白出来ないとか、そういう事を言う人がいるが、そういう人ほど、自分を信じていません。
別れることを考えると、怖いし嫌だから、人と親密にならないと決めているのです。

ーーーーー
人は裏切る(という前提)

自分が傷つくのは嫌
↓ 
最初から親密になることを避ける

もしくは

人は裏切る
↓ 
自分が傷つくのは嫌

もっと親密になる前に自分が去ろう
ーーーーー

こういう心理背景になる事が多いようです。
人は自分を裏切ると思い込んでいるものだから、仲良くなればなるほど、裏切られる事を恐れます。
仲良くなればなるほど、疑心暗鬼になり、今は仲良しだけど、本当はこの人、私の事が嫌なんじゃないかって恐れるのです。
そうなると、もう相手の事が信頼出来なくなります。

相手の迷惑になるんじゃないか、
相手は私の事が迷惑なんじゃないのか、
相手はもう私の事が必要ではないのではないか、
違う誰かの所へ行ってしまうのではないか、
いきなり手のひら返したような対応をされるのではないか、

そんな風に思い始めます。

心の奥底では親密な関係になりたい。
良い関係を維持して行きたい。
信頼関係を築いて行きたい。

そう本当は心の奥底で思っているはずなのに、そんな世界はあり得ないと思い込んでしまっている状態になります。
本当は人に裏切ってほしくないのに、自分から一人になってしまうようなこと選択してしまう。だって人は自分を傷つけるものだから。

きっと誰もがそう思っている。
そして誰もが、一度や二度、そういう体験をしているはずです。

でも本当は人が自分を裏切ったりはしないのです。
ただ、進む方向性が自分とは合わなくなってしまったということ。

自分の心の傷から、一人になることを選ぶのはやめましょう。
親密になることをあきらめることもやめましょう。

未来永劫愛される事を選択できるはずです。
それは友達でも仲間でもパートナーでも可能だから。

信頼すること、信頼されることをあきらめなければ未来はいつだって明るいのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

セミナー講師・コンサルタント・エッセイスト 2001年より独立し、現在までクライアント数約1万人。 自分を生かし、人生を生かす、というテーマを掲げ、本当の自分らしい心から望む思い通りの生き方を提唱している。 起業、コミュニケーション、パートナーシップなどの様々な分野において劇的な変化を遂げるクライアントが続出。 現在はトークライブや講演会などのイベントも開催し、全国で人気を博している。 ブログURL http://ameblo.jp/yoshimi29/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。