大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • モチベーションUP!やる気ホルモン「ドーパミン」の活用方法

モチベーションUP!やる気ホルモン「ドーパミン」の活用方法

ドーパミンは、自律神経との関係が深く、目標を達成する為にやる気を出したり、集中する時に役立つ神経伝達物質です。この夏、目標を達成する為に頑張りたいとかダイエットに励みたいという方もいるかと思います。ドーパミンは、好奇心を旺盛にし、心をときめかせ、綺麗になるモチベーションも上げるホルモンなので、上手に活用していきましょう。

39184207 - smiling young woman wearing eyeglasses with black frames and looking up as if daydreaming or thinking of something pleasant

梅雨時期は、心身共に重だるくなりますね。急な暑さで自律神経も乱れ、疲れやすくなりがちです。

ドーパミンは、自律神経との関係が深く、目標を達成する為にやる気を出したり、集中する時に役立つ神経伝達物質です。この夏、目標を達成する為に頑張りたいとかダイエットに励みたいという方もいるかと思います。ドーパミンは、好奇心を旺盛にし、心をときめかせ、綺麗になるモチベーションも上げるホルモンなので、上手に活用していきましょう。

 

目標は高く、多く

目標は高いものにすると高い視野が持てますし、目標は一つだけでなく、複数持っていると燃え尽きる事がなく、様々な見方が出来るようになります。例えば、何キロ痩せるだけでなく、痩せたら○○が出来て、それで何をするか?どうありたいか?までイメージし、外見だけでなく内面も磨いていきましょう。短期的な目標を立て、小さい目標の達成感を沢山味わいモチベーションを上げ、自信に繋げるのも良いですね。

 

やる気をUPさせる食材

疲れていてやる気が起きない時は、休養と良質なタンパク質でスタミナをつける事が大切です。大豆製品や脂肪の少ないお肉、飽和脂肪酸の多いイワシ、アジなど青背の魚や貝類などがおススメです。ネバネバ食材(オクラ、山芋、モロヘイヤなど)に含まれるムチンは、タンパク質の吸収を促進する働きがありますし、緑黄色野菜に含まれるビタミンCは、ストレスを軽減する働きがあるので、合わせて摂ると良いでしょう。

やる気を促すドーパミンは、アミノ酸チロシンに由来します。チロシンは、乳製品、大豆製品、かつお、小麦胚芽などに多く含まれます。やる気を上げたい方は、意識して摂ると良いでしょう。集中力を高めたい時は、ローズマリー、ミント、バジルがおススメです。お料理やハーブティーなどで風味を楽しみながら、暑い中でもやる気をUPさせましょう!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • モチベーションUP!やる気ホルモン「ドーパミン」の活用方法
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。