大人女子のためのWebメディア
検索
2016年07月29日更新

現代人は幸せ不感症!?過去・今・未来を考えよう

あなたは今「幸せ」だと感じますか?この夏、改めて「幸せ」とは何か、「生きる」ということについて考えてみませんか?

あなたは今「幸せ」だと感じますか?

また、「幸せ」を感じるのはどんな時ですか?

現代人は幸せ不感症!?

「幸せ」を感じる度合いって、どのくらいですか?

仕事も上手くいっている、収入も上がった、しかし恋愛の方は全く…そんな状況を「幸せ」だと感じる人もいれば、「不幸せ」だと感じる人もいるでしょう。また、逆も然り。

もっと言えば、全てにおいて上手くいっている、自分の思い通りにいかないと「幸せ」とは思えないという人もいるかもしれません。

“毎日小さな幸せを見つけよう””ちょっとした事に幸せを感じられる人になろう”などの「幸せ」を感じるための本や記事を目にすることも多いですが、そもそも「幸せ」って見つけようと思って見つけるもの、感じようとして感じるものではないはずなのです。

しかし、そういう言葉が多くの人の目にとまるという事は、今を生きている現代人は「幸せ」を感じづらい、見つけづらい「幸せ不感症」の人で溢れているということです。

過去・今・未来

最初は当たり前ではなかったことも、いつしかそれがあることに慣れ、それが当たり前になる、すると今よりも更にランクアップしたくなる生き物こそ人間。

向上心があることは良いことですが、当たり前になることこそが「幸せ不感症」の原因です。

「初心忘るべからず」との言葉通り、何事に対しても最初の頃の気持ち、感謝の気持ちを忘れてはいけません。

成功している人、素晴らしい人、尊敬される人、慕われる人…出来た人間に共通するのは”今”に満足することなく常に向上心を持っていますが、決して”初心”を忘れることなく、いつも”感謝”の気持ちを持ち続けているということ。

そういう人たちはまず「幸せ不感症」ではないはずです。

「初心を忘れず、どんな時も感謝の気持ちを忘れない」それだけで”今”の幸せを十分に感じられるからです。

わざわざ「幸せ」を感じようとも見つけようともせず、”今”があることに感謝して生きる。

もしあなたが最近「不幸せ」だと感じているのなら、まずは今までの自分の人生の過程を振り返ってみてください。

仕事での悩みであれば就職が決まった時の気持ち、恋愛の悩みであれば彼と出会った時の気持ち、家族の悩みであれば幼い頃に親に面倒を見てもらった気持ち…。

過去が積み重なって”今”があること、その時の気持ちを思い出し、心から感謝出来たとき、きっとあなたは本当の意味で「幸せ」を実感するでしょう。

「生きる」ということ

海外からは「平和な国、日本」と言われていますが、実際に住んでいる日本人の私たちにとって、その事を改めて実感する機会は少ないと思います。

海外旅行によく行く人などは「やっぱり日本は安全だ」と実感する機会も多いかもしれませんね。

でもそれは”今”の日本が平和で安全なだけで、昔からずっとそうだった訳ではありません。

「生きている」事が当たり前になっている今の私たちとは違い、「生きている」ことが当たり前ではない時代があったことは紛れもない事実です。

あなたは眠る前に何を考えますか?

横になり、目を閉じる…

「今日も生きていられた、明日も無事に生きて入られますように。」

そんな気持ちで眠りにつく人は、健康で普通に生活を送っている現代人には稀なのではないでしょうか。

しかし、今日1日生きていられたことに心から感謝をし、明日も何事もなく生きていられるようにと切実に祈りながら目を閉じた人たちがいたことは嘘ではありません。

 

「生きる」ということに対して、改めてこの夏、考える時間を持ってみませんか?

きっと「幸せ」の答えが見つかるはずです。

 

img_108587_1
Photo:atpress.ne.jp

「鎮魂 硫黄島 ー戦後70年 語り継ぐ兵士の言葉ー」放送予定

テレビ東京 7月30日(土) 深夜2時50分~3時42分

 

〜番組概要〜

終戦を迎える半年前1945年2月。

東京の遥か南に位置する硫黄島で繰り広げられた壮絶な戦いは今も語りつがれている。

日本兵2万1千に対して7万のアメリカ兵による総攻撃は、占拠まで5日間という米軍の当初の予想をはるかに上回り、1カ月にも及んだ。

日本兵はほぼ全滅したが、アメリカ兵の死傷者数も日本兵のそれよりも多く、戦後アメリカから返還された今も、一般の立ち入りが禁止され遺骨収集作業が続けられている。

戦後40年を経て、かつて対峙した両国の元兵士や遺族たちが再会し、”日米兵士再会記念碑”が建てられた。

この催しは「名誉の再会」と呼ばれ、今も続いている。

年を追うごとに元兵士の数は減り、今や唯一の元日本兵秋草さんが2015年の「名誉の再会」で託されたのは、元アメリカ兵士が持っていた日章旗だった…。

語り:渡辺 謙


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。