大人女子のためのWebメディア
検索

月を愛でる 美輪明宏からの心の処方箋

美輪明宏, 麗人だより,

このコーナーは、美輪明宏さんの公式サイト「美輪明宏 麗人だより」の人気コーナー「本日の処方箋」から出張していただきました。美輪明宏さんからあなたへのメッセージをお届けします。

 

〜月を愛でる〜

 

今日は中秋の名月です。
ススキを飾り、お団子や穀物、果物などをお供えするのは、収穫を祝うことが起源とされています。
思えば、日本には四季の移り変わりの風情を楽しむ行事がたくさんあります。
十五夜もその一つ。
都会に住む人たちにとっては、あまりなじみのない行事かもしれませんが、古来より日本人は月を眺めて笛の音を聞きながら、いろいろな思いをめぐらせてきたのです。
源氏物語でも、光源氏が十五夜の月を眺めて、京の都や恋人に思いを馳せるうら哀しいシーンがあります。
百人一首にも、月が登場する短歌がたくさんあります。
さらには、こんな逸話もあります。
夏目漱石が英語教師をしていたときのこと。
学生が「I LOVE YOU」を、「我君を愛す」と訳したのを見て、「それよりも、月が綺麗ですねと訳したほうがよい」とアドバイスしたそうです。
遠廻しの表現がロマンチックですね。
日ごろは何かと忙しくされている皆さんも、今宵は薄物の着物を着てお琴か笛のCDを聴きながら月を眺めてロマンチックに過ごしてはいかがでしょうか。
月を眺めてお団子を一つ、二つ、三つ……月より団子…食べすぎにはご注意を。

 

 

公式サイト「美輪明宏 麗人だより」より

 

期間限定!一部無料公開中!
特集『チャンスをつかむ方法』

美輪明宏麗人だよりバナー※iPhone・スマートフォンでアクセスしてください。

 

美輪明宏公式サイト「美輪明宏 麗人だより」

美輪明宏

美輪明宏

「麗人だより」では、美輪明宏がこんなお悩みにお応えしています。

 

結婚するにはどんな相手がいいのか?

私は33歳で、30歳を過ぎてからもう2年くらい婚活を続けていますが、まだお付き合いしている相手もいない状態です。最初は好きになった相手と結婚したいと思っていましたが、婚活パーティや街コンなどに参加しても、好きになる相手はいませんでした。結婚して、夫と助け合って仲良く暮らしていきたい、できれば子供も欲しいというのが私の希望です。それを叶えてくれそうな条件の相手を探せばいいのかもしれませんが、条件だけで好きではない相手と結婚しても、結局うまくやっていけない気もします。色々考えるうちに、自分でもどんな相手と結婚すればいいのかわからなくなってしまいました。結婚するにはどんな相手を探せばいいのでしょうか…

 

マッチングアプリで知り合った男性のメールの文章が気になる

私は今、婚活向けのマッチングアプリを利用しています。先日、35歳の男性とマッチングして、メールでのやりとりが始まりました。まず、男性からの出だしの挨拶が「こんばんわー」や「よろしくですー」と、語尾を伸ばしたり、『は』が『わ』になっていたり、『よろしくお願いします』を略している事に驚きました。「こんばんは。よろしくお願いします。」とメールしている私に対して、その後のメールでも一向に直す気配がありません。他は気になる所はないのですが、お断りしようか迷っています。こういう男性をどう思われますか?…

 

美輪明宏の公式サイト「美輪明宏 麗人だより」では、お悩み相談コーナーや、独自の視点で様々なテーマについて語る「こんにゃく話」など会員の皆様に優しく上品に生き抜いていただくヒントを365日毎日更新しています。

 

公式サイト「美輪明宏 麗人だより」より

美輪明宏麗人だよりバナー※iPhone・スマートフォンでアクセスしてください。

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

美輪明宏さんの公式サイト「美輪明宏 麗人だより」の中で 一番人気のコーナー「本日の言葉」から出張していただきました。 美輪明宏さんからあなたへのメッセージをお届けします。 「美輪明宏 麗人だより」
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。